スマイルイノベーション矯正歯科・新宿 医院HP

東京都新宿区西新宿1-3-17 新宿第一アオイビル4階

診療案内

すべてのスタッフもマウスピース矯正治療をしています

すべてのスタッフもマウスピース矯正治療をしています

すべてのスタッフとDr.尾島やDr.檀も現在マウスピース矯正治療をしています。
患者様のご質問には自分自身の経験でマウスピース矯正治療に関するご質問にお答えできます。
何でもご質問ください。

自分自身がマウスピース矯正治療をしてみてわかったこと

Dr.Schuppのクリニックでのマウスピース矯正治療▲Dr.Schuppのクリニックでのマウスピース矯正治療

当クリニックのスタッフは、すべてマウスピース矯正治療をしています。
無理に薦めたわけではないのですが、患者様を見てそうなったのでしょう。

僕自身も20年前に従来のワイヤー矯正で矯正治療をしていました。もう一回するならマウスピース矯正治療がいいなと思っていました。自身でしても良いのですがどうせするなら世界の精通したテクニックを自分自身で体感したいと思いDr.Schuppにお願いしました。

彼のクリニックでの検査、診断、分析、また日本では行っていない歯のスキャニングも日本人で初めて経験しました。そしてついに自分自身のマウスピースが到着して念願のマウスピース矯正治療が始まりました。

一言で「快適」でした。

以前のイメージとはまったく違い時代が変わるとこんなにも素晴らしい治療方法が生まれるのだと感動しました。いまではもう装着していることが「靴を履いている」かのようで違和感などほとんどありません。誰も気づかないのがとても面白いです。

当クリニックの歯列矯正治療について

当クリニックの歯列矯正治療について

当クリニックではマウスピース矯正治療をする患者様が気持ち良く通院できる環境を目指しています。具体的には以下のとおりです。

1. 矯正治療前歯科治療、虫歯や歯周病、抜歯など当クリニックですべて行いますので矯正治療までの歯科治療が速やかに終了致します。
2. 矯正歯科治療中の虫歯やお痛みなどにも、治療可能な処置であればすぐに行えます。またマウスピース矯正治療では歯の形態がかわるとマウスピースがあわなくなります。しかし、当クリニックで行う歯科治療であればマウスピースの適合にあう仕上がりに製作することが可能なので引き続きマウスピース矯正治療を行えます。再度歯型をとる必要がありません。
3. 矯正治療後のメインテナンスも行います。矯正治療終了後は歯の「後戻り」をしていないかを定期的に検診に来ていただく必要がございます。その際の虫歯や歯周病、歯のお痛みに対してもすべて当クリニックでサポート致しますので、ほかの歯科医院に通院する必要がございません。
4. マウスピース矯正で日本より8年先に開始されたアメリカや6年先に開始されたドイツの症例数の多いドクターのクリニックで使用されている同じ材料を導入しています。マウスピース矯正の治療をより効果的にする材料を選択しています。

ドイツのDr.Schuppのクリニックと同じ材料やシステムの環境が整ったクリニックに

メーカー主催のカンファレンスに参加
▲スペインで開催された
ヨーロッパの先生が集まるカンファレンス

当クリニックではアメリカ・ドイツ・ヨーロッパ・アジアにおける矯正歯科学会・スペインで開催されたヨーロッパの先生が集まるカンファレンスに参加し、世界の新しいマウスピース矯正治療を日本で提供できるようにしております。マウスピース矯正治療の症例数が多い矯正歯科医師、ドイツのDr.Schupp先生のクリニックにて毎年研修を行い、マウスピース矯正治療を学んでいます。ドイツでは日本よりマウスピース矯正治療の導入が6年早く、日本より症例数も多いです。また、院長自身もDr.Schupp先生にマウスピース矯正治療を受けている「矯正患者」でもあります。自分自身が受けたい矯正治療を患者様に提供したいという理念のもと、ドイツのDr.Schuppのクリニックと同じ材料やシステムの環境が整ったクリニックを目指します。

マウスピース矯正 〜矯正治療の新しい形〜

マウスピース型矯正装置▲マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置は「見えない」「快適」だけではありません。
「科学的に裏打ちされた新しい治療」なのです。

日本ではマウスピース型矯正装置は「見えない」「快適」という面だけが取り上げられています。僕自身もはじめはそう思っていました。しかし数あるマウスピース型矯正装置でもアメリカで開発されたシステムは歯型をデジタルデータに変えてコンピュータ上で歯の移動をシミュレーションする新しい矯正システムです。歯の移動距離は歯と歯の間にできている歯根膜という繊維が
ある空間の幅0.25mmに設定し科学的に歯の移動をどのような力を加えると移動するかを計測していきます。世界中で150万人のマウスピース矯正患者様のデータをもとに、より適切な矯正力を与えます。

※歯並びの状態によっては、マウスピース矯正単独では治療を行えない場合もございます。

ドイツのクリニックと同じ材料、システムに

Dr.Schuppのクリニックでの研修▲Dr.Schuppのクリニックでの研修

ドイツで研修して知ったことは世界中の素晴らしい矯正材料をDr.Schuppは使用しているということでした。嬉しかったことは日本の歯科材料も彼のクリニックにあったことです。

効果的な材料を効率的な形態に研究してマウスピース矯正治療に導入しています。当クリニックでもドイツの環境と同じ材料をそろえて同等の治療を目指しています。

マウスピース矯正の特徴

「透明」なので気付かれない

透明なので気づかれない

マウスピースはとても薄く色も透明色なので、矯正治療をしていてもほかの方に気付かれることはほとんどありません。目立つ矯正装置を装着するのが嫌で矯正治療をためらっていた方も心配なくはじめることができます。矯正治療中も見た目を気にせず生活ができて、思いっきり笑顔を見せることもできます。

マウスピース矯正のメリット

メリット1 痛みがほとんどない 従来のワイヤーやブラケットを使用しないので粘膜や舌にあたって口内炎になることはありません。次のステップのマウスピースに交換すると数時間はきつい感覚がありますが数時間で落ち着きます。
メリット2 何でも食べられる お食事の時はマウスピースを外しますので、装置に食べ物が引っかかったりしませんから好きなお食事を楽しむことができます。
メリット3 取り外しで清潔 マウスピースは歯磨きの時に外しますので、隅々までブラッシングをすることができます。 歯を清潔に保つことができます。
メリット4 気付かれない マウスピースはとても薄く色も透明色なので、装着し矯正治療をしていてもほかの方に全く気付かれません。 矯正装置が付くことが嫌で矯正治療をためらう方にも、心配なくはじめることができます。
メリット5 話しやすい とても薄い装置なので裏側矯正装置のように舌に引っかかったりする発音障害がありません。そのため、人と接しお話をするお仕事の方にも、納得して矯正治療をはじめる事ができます。
メリット6 ホワイトニング マウスピースで矯正治療を行っている間に、同時にホワイトニングを行うことができます。

マウスピース矯正の流れ

STEP1 無料相談 (約60分)

矯正治療相談

はじめに、患者様のお口のお悩みや治療のご希望を矯正トリートメントコーディネーターがお伺い致します。ご希望の場合は、お口の中のお写真を撮影し、ご覧いただきながら、マウスピース矯正の治療説明を行っていきます。

矯正医師がお口の状態を拝見し、必要な処置(抜歯が必要かどうか)や治療期間、費用など、おおよその治療期間についてご説明致します。矯正治療前の虫歯や歯周病などの検査をご希望の場合は保険診療で検査致します。

最後に、矯正トリートメントコーディネーターから費用と、お支払い方法のご説明をさせていただきます。

STEP2 精密検査 (約30分)

矯正治療精密検査

こちらで、マウスピース矯正に必要な検査を行います。口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内撮影、歯型の印象採得(歯型を採る)を行います。矯正治療前に必要な歯のクリニーングはこの時に行います。

お口の状態が治療を必要となる虫歯があった場合はそちらを優先して進める場合もございます。 親知らずの抜歯が必要と診断された場合は、マウスピース矯正の治療開始前に抜歯をしていただく場合があります。

STEP3 マウスピース矯正用の型採り

矯正治療コンサルテーション

続いて、マウスピース矯正用の歯型をお採り致します。デジタル口腔内スキャナーを導入後、光学スキャナーで口腔内を撮影して歯型を採れるようになりました。

これによりしっかりした歯型データができることで、従来の歯型に比べてより細やかな(マウスピース矯正装置)が作製できるようになりました。

このスキャンしたデータを海外に送り、マウスピースを作製してもらいます。

STEP4 マウスピース矯正シュミレーション

矯正治療コンサルテーション

今まで、シリコンによる歯型では、シミュレーション作成までの時間がかかっておりましたが、スキャニングの導入で約半分に短縮できました。コンピュータの3D画像や2D画像を使用して、担当医ができあがったマウスピース矯正の診断や治療シミュレーション画像を一緒にご覧いただきます。

治療の期間・治療計画・進行状況をご説明致します。ここでの作業は、マウスピース矯正治療において、仕上がりの決めてとなる大切なプロセスです。矯正治療で技術・経験豊富な矯正担当医のプランが重要となります。治療が始まる前に仕上がりをチェックし、シミュレーションで確認いただきます。

※マウスピース矯正作製用のスキャニングを行ってからクリニックに届くまで、およそ1ヵ月〜1ヵ月半かかります。(治療計画の作成数によって個人差がございます。)矯正治療終了までのマウスピース矯正が一度に届きます。

STEP5 マウスピース矯正治療の開始 (約30分)

マウスピース矯正の歯型とり

歯型のスキャニングを1回行うと、治療終了までのすべてのマウスピースが作製されます。クリニック来院時に、次回までに使用していただくマウスピースをお渡し致します。1枚目のマウスピースの取り外しの手順や使用方法・注意事項のご説明を致します。マウスピースは、初回、2枚分お渡しします。

※1枚を2週間ずつ使用します。
※2週間使用後、ご自身でもう1つのマウスピース矯正に付け替えていただきます。

次のご来院は1ヵ月後になります。

STEP6 アタッチメント装着 (約30分)

マウスピース矯正の歯型とり

3枚目のマウスピースからアタッチメントを装着します。
(患者様ごとに、アタッチメントの数、装着する歯は、歯の移動量により異なります。)

※アタッチメントとは
歯の移動をスムーズにさせるための補助装置のことを言います。歯の表面に歯の色と同じ突起をつけることもあります。今まで、ワイヤーで使用していた装置に比べて美的で舌や粘膜を傷つけることもなくなりました。色もほぼ歯に近い色を使用するため目立ちにくいです。治療終了時に取り外すします。

また、治療計画で必要な場合は、ディスキングを行います。

※ディスキングとは
歯と歯が接する部分(隣接面)の歯質をわずかに削ることで、歯を並べるために健康な歯の抜歯をしなければならない可能性を回避したり、左右の歯の形態を合わせるために行う処置です。歯の表面の組織をエナメル質といいますが、エナメル質の幅は約2.0mmです。その約10分の1の0.2mm程の隙間を作りその幅を利用して歯と歯の間にスペースを作り、その隙間を利用して歯を並べます。

マウスピースは、次回来院までの分をお渡しします。ご自身で14日ごとに新しいマウスピースへ交換していただきます。

STEP7 定期チェック

マウスピース矯正の歯型とり

1〜3ヵ月に1度来院していただきます。
(必ず、マウスピースを装着した状態で来院してください。)

  1. マウスピース矯正と歯の適合状態
  2. アタッチメントの有無
  3. マウスピース型矯正装置の装着時間
  4. 口腔内の衛生チェック
    (診療内容によりご来院の回数は異なります。)
以上の内容を確認致します。

STEP8 治療終了

マウスピース矯正の歯型とり

マウスピース矯正治療の経験のあるスタッフ全員で治療終了までサポート致します。
予定しておりました治療計画で作製したマウスピースを最後まで使用していただいた後に、噛み合わせの確認や、シミュレーション画像と実際の歯の動きの比較を行います。

※微調整が必要な場合
マウスピースの歯型をスキャニングを再度行い、装置を作成して治療を継続致します。(このステップを繰り返し行う場合があります。追加の費用はかかりません。)
※歯がきれいに並び、噛み合わせも良い状態の場合
1ヵ月〜2ヵ月間最後のマウスピース矯正装置を使用していただきます。その後、「保定」へ進みます。
治療が終わった時の皆様の素敵な笑顔と「マウスピース矯正をして本当に良かった!」と言っていただける瞬間が、私たち心嬉しい時です。

STEP9 保定

きれいになった歯並びを いつまでも良い状態で保持していただきたいので、矯正治療後も定期検査をおすすめしております。当院では、マウスピース矯正を継続使用していただいたり、前歯の裏側に細いワイヤーを装着する方法で保定を行います。保定の期間は、矯正治療を行った期間と同じ時間が必要となります。(治療内容により期間は異なります。)この部分は、歯を動かした後でも、歯の周りの組織が安定するまでに時間がかかるためや、噛み合わせの力によって、歯並びが崩れてしまうのを防ぐために、大事な期間になります。一緒に、キレイな歯並びを手に入れるためにがんばりましょう。

患者様の声

20代 大学生の患者様

20代 大学生の患者様

他の矯正歯科で一度矯正治療したのですが、矯正終了した段階でも、まだ歯並びが気になっていました。

当クリニックで仕上がりの気になる部分を先生に説明したら、気になる部分の歯の移動を模型とコンピュータを使用して説明してくださいました。CGシュミレーションで仕上がりを確認してから矯正治療を開始できたので、仕上がりに不安を持たずに治療を始めることができました。仕上がりの細かさや美しさにこだわってくださったのが本当に嬉しかったです。

今は理想の歯並びになることができました。マウスピースの矯正だったのでホワイトニンングも同時にして歯が白くなるのが楽しかったです。大学4年の就職前までに矯正治療が終わってとてもよかったです。

患者様

プランニング時のドクターの考え

他の矯正歯科で一度矯正治療を終了されている患者様でしたので、可能な限り短時間で患者様の思う通りの歯並びになっていただきたいと考えました。矯正前シミュレーションを行い、仕上がりや歯の角度などにこだわりました。大学生のうちに治療が終了し、就職活動も無事に終了されて本当によかったです。社会人になったら、その笑顔でたくさんの方を幸せにしてください。応援しています。

>>そのほかの患者様の声はこちら!

症例

前歯の隙間(開咬)[28歳女性]

【治療前】

※治療結果は患者様によって個人差があります。

【マウスピース装着時】

※治療結果は患者様によって個人差があります。

【治療期間 約1年10ヵ月:治療後】

※治療結果は患者様によって個人差があります。

スマイルイノベーション矯正歯科・新宿の基本情報

住所
160-0023
東京都新宿区西新宿1-3-17 新宿第一アオイビル4階

詳しい地図はこちら
ホームページ
スマイルイノベーション矯正歯科・新宿
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間
月・火・水・金曜 10:30〜13:00 / 14:30〜19:00
土曜 10:30〜17:00
休診日
木曜・日曜・祝日
文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

アクセス

マップ 詳しい地図はこちら
モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!