Silver Lace矯正歯科 医院HP

埼玉県さいたま市浦和区常盤9-19-11 第3スミダビル4階

診療案内

幅広い治療に対応

当医院の矯正歯科治療

当医院では、来院される患者様のご希望に添った矯正歯科治療の提供にできる限り努めています。
・できるだけ安く治療したい。
・目立たない装置で治療を受けたい。
・取り外しができる装置で治療を受けたい。
患者様によってお悩みやご希望も様々です。それらに応えられるよう、装置も様々なものをご用意しています。
矯正歯科治療に興味がある方はまずはお気軽にご相談ください。

装置の種類

裏側矯正

裏側矯正

ボタン状のブラケットと呼ばれる装置を歯の裏側に取り付けて、そこにワイヤーを通して歯を動かす矯正歯科治療の方法です。
メリットは、歯の裏側に装着するので装置が見えにくくなるため、矯正歯科治療をしているのが周りの人に気付かれにくくなります。また、歯の表側より裏側の方が唾液が多いため、表側に装置を装着する方法と比べて、治療中に虫歯になってしまうことが少ないと言われています。
デメリットは、舌に装置が当たることで、違和感があったり、話や食事がしにくい、ブラッシングなどの日々のお手入れが表側矯正よりも難しいといったことがあります。

症例
▼ 治療前   ▼ 治療後

表側矯正

表側矯正

ボタン状のブラケットという装置を歯の表面に装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かす治療方法です。
当医院では歯と馴染みやすく、目立ちにくい色のブラケットを使用しています。また、白いワイヤ―も取り扱っていますのでより目立ちにくい状態での矯正歯科治療を受けていただくことができます。ご希望の場合はご相談ください。
メリットは、治療期間が比較的ほかの方法よりも短く、費用も抑えることができます。デメリットは、唇や顎の内側への違和感があったり、装置がほかの人から見えやすい点が挙げられます。

症例
▼ 治療前   ▼ 治療後

マウスピース矯正

マウスピース矯正

患者様一人ひとりに合わせて、カスタムメイドで製作する透明なマウスピースを使用する矯正歯科治療です。
患者様自身が自分で装置を取り外しできるなどの特徴があります。
メリットは、マウスピースが透明なプラスチック製なので目立ちにくく、ブラッシングや食事の時には外すことができることです。それによって、矯正歯科治療を始める前と同様に治療期間を過ごしていただけます。デメリットは、治療期間がブラケットを使用した場合に比べると長くなる傾向があることや、患者様の歯並びの状態によってはマウスピース矯正を選択いただけない場合があることです。

部分矯正

部分矯正

歯並び全体を治療するのではなく、問題のある一部分だけ矯正歯科治療を行う方法です。
表側、裏側どちらの矯正歯科治療でも対応ができます。
メリットは、歯並び全体を治療するのに比べて治療期間が短くなり、費用も抑えられることです。デメリットは、治療できる症例が限られてしまうこと、大きく口元を下げることができないなどが挙げられます。

床矯正:拡大床装置

床矯正:拡大床装置

まだ、成長期が終わっていないお子様の矯正歯科治療に使用します。
顎に取り付ける入れ歯のような装置で、顎を少しずつ広げることで歯が正常に生えるためのスペースを確保するための装置です。
メリットは、装置の取り外しができ、ブラケットを使用した矯正歯科治療を行う段階での治療期間が短くなる場合があります。デメリットは、使用開始時に違和感を抱きやすく、正しく使用しないと望んだ効果が得られないことです。

床矯正:マウスピース矯正(小児矯正)

床矯正:マウスピース矯正(小児矯正)

お子様の矯正歯科治療に使用します。当医院で行っている治療では、上下の顎の前後的な調和をとることや、正しい舌の位置をトレーニングすることを目的に、出っ歯の治療に用いるものや、受け口の治療に用いるものを使用しています。
メリットとデメリットは拡大床装置と同様です。

インプラント矯正

インプラント矯正

とても小さなチタンでできた、小さなピン状のインプラントを使用して行う矯正歯科治療です。
矯正歯科治療中の必要な期間だけ顎の骨にこのピン状のインプラントを埋め込み、それを支点として歯を引っ張り、動かす矯正歯科治療です。
メリットは治療期間が通常の外科矯正に比べて短くなる傾向があること、インプラントを使用しない場合よりも精密な矯正歯科治療を行うことが可能になることです。また、通常の外科矯正では抜歯が必要な症例であっても、抜歯を行うことなく治療ができる場合があります。デメリットは、外科処置が必要であり、インプラントを埋め込んだ周囲を清潔な状態に保たないと、歯肉炎などを併発する場合があることです。

ブライダルプラン

ブライダルプラン

結婚式を最高の笑顔で迎えていただけるように、当医院ではブライダル矯正プランもご用意しています。
前撮り写真や、挙式の当日に合わせて歯並びを矯正したいという、ご希望を叶えるためにご用意しているプランです。
「歯並びが気になるけど、挙式まで時間がない」と悩んでいる方は、諦める前に一度ご相談ください。
ご希望の日程に合わせて、患者様にとって効果的な矯正歯科治療を行うことを第一に考えた治療プランを提案いたします。

外科矯正

顎変形症を改善する外科矯正

顎変形症を改善する外科矯正歯科治療

外科矯正とは、顎の変形のために噛み合わせが悪くなっていて、通常の矯正歯科治療だけでは対応できない場合に、顎の骨に外科的な手術を加えることで、骨ごと歯並びを動かすという矯正歯科治療です。
かなり本格的な手術が必要にはなりますが、大きな効果を期待することができます。

サージェリーファースト・アプローチ

当医院では外科矯正に「サージェリーファースト・アプローチ」という治療方法を導入しています。
これによって外科手術が必要な矯正歯科治療にかかる期間が従来に比べて短くなる場合があります。

サージェリーファースト・アプローチとは

従来の方法であれば、外科矯正を行う場合は、事前にブラケットなどを使用した矯正歯科治療を行う必要がありました。サージェリーファースト・アプローチでは事前に矯正歯科治療を行わず、先に外科手術を行うことで治療にかかる期間を短くできる場合がある治療の方法です。

手術前の矯正歯科治療が不要な理由

術前矯正が不要な理由

従来の手法では矯正歯科治療で先に噛み合わせを安定させないと、手術をした後、骨がずれてしまう可能性がありました。
また、手術前の矯正歯科治療が終了した状態で、上下の歯のずれを確認し、顎の移動量などを計算、そのうえで顔のバランスに合わせた、手術計画を立てていました。
しかし、サージェリーファースト・アプローチでは、骨と相性の良いチタンプレートが登場したことや、術式が大きく改良されたことで、手術前の矯正歯科治療を行わなくても治療が行えるようになりました。

サージェリーファースト・アプローチのメリット

メリットは従来の方法に比べて外科矯正の期間が短縮されたということです。
手術後は一時的にほとんどものが噛めない状態になってはしまいますが、歯にはもともと噛み合わせが安定する方向に動こうとする性質があり、装置装着後はその性質と装置の効果によって、少しずつ歯が噛み合うようになってきます。
また、手術前に矯正歯科治療を行う場合、従来の方法では一時的に見た目が悪化してしまう場合がありましたが、サージェリーファースト・アプローチでは逆に、最初の手術で顎をバランスのとれた位置に移動するので、治療の最初の段階で顔の輪郭などの見た目がより良い状態に変化します。

サージェリーファースト・アプローチのデメリット

デメリットは、治療を実施する病院や歯科医院に技術や経験が必要なことです。
通常の外科矯正と比べて、サージェリーファースト・アプローチでの矯正歯科治療を受けられる歯科医院は限られます。
また、2017年現在、公的医療保険の適用となっておらず、手術と矯正歯科治療の両方が自費診療となってしまします。
ほかには、通常の外科矯正に比べて、手術後は不安定な噛み合わせになるため、短い来院間隔での矯正歯科治療が必要であったり、来院の間隔が大きく空いてしまうと、良い噛み合わせを作ることが難しくなります。

矯正歯科治療の流れ

STEP1 初診相談(60分〜)

初診相談(60分〜)

まずは初診相談にて患者様の症状やお悩みについて伺います。
治療に関するご要望や心配などがありましたら、遠慮なくお伝えください。
また、この段階で口腔内写真や、顔写真の撮影も行い、相談時の資料として使用します。
相談は無料にて承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

STEP2 精密検査(45〜60分程度)

精密検査(45〜60分程度)

患者様から伺った内容をもとに、口周りの精密検査を行います。
治療方法のご希望によっては必要に応じて歯科用CTでの撮影なども行います。

STEP3 検査結果・診断・治療計画の説明(60分〜)

検査結果・診断・治療計画の説明(60分〜)

精密検査の内容をもとにして患者様の現在の状態を診断し、治療計画を作成します。
患者様の症状、ライフスタイルに合わせた提案をし、分析ソフトを使用して、矯正歯科治療を行った際のシミュレーションを行うことも可能です。
なお、治療計画の3Dシミュレーションを製作する場合はCT撮影が必要となります。
もし、説明や治療方法で分かりにくい部分や気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

STEP4 矯正歯科治療開始(60〜90分程度)

矯正歯科治療開始(60〜90分程度)

診断・治療計画の内容を患者様にご理解いただき、治療に納得された上で実際に装置を装着して治療が始まります。
その際、装置の取り扱いやお手入れの方法などの注意事項をご説明いたします。

STEP5 装置の調整(30〜60分程度)

治療計画に基づいて装置の調整や交換を行います。
必要に応じて追加処置を行う場合もあります。

STEP6 装置撤去・保定装置装着(60〜90分程度)

装置撤去・保定装置装着(60〜90分程度)

歯が理想の位置に移動できたら、装置を取り外し、綺麗になった歯並びを維持するための保定装置を装着します。
矯正歯科治療を行った後は、歯が治療前の元の状態に戻ろうとするので、それを防ぐためです。
保定を行うことで、治療完了の状態である理想的な歯並び、噛み合わせを維持し、安定させることができます。

STEP7 保定観察(30分程度)

装置を外した後は、1〜6ヵ月の間隔で歯並びや噛み合わせのチェックを行います。また必要な場合は、保定装置の調整を行う場合があります。
保定装置の装着期間は矯正歯科治療にかかった期間と同じ程度の期間が必要で、しっかりと歯を支えている骨が矯正歯科治療後の状態で安定すれば矯正歯科治療は完了となります。
定期的なチェックと併せて歯面クリーニングを受けていただきますと綺麗な歯並びとお口の健康の状態をより良い状態で維持するために効果的です。

※成人矯正、小児矯正ともに、治療結果にはそれぞれ個人差がございます。

Silver Lace矯正歯科の治療サービス

矯正の種類
部分矯正 / インプラント矯正 / 成人矯正 / 目立ちにくいワイヤー / 審美ブラケット
矯正中の治療
顎関節症治療

Silver Lace矯正歯科の基本情報

住所
330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-19-11 第3スミダビル4階

詳しい地図はこちら
ホームページ
Silver Lace矯正歯科
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間
月・火・水曜日 12:30〜15:00 / 16:00〜20:30
金曜 12:30〜15:00 / 16:00〜19:00
土曜 10:00〜13:00 / 14:00〜18:00
日曜(不定期)10:00〜13:00
休診日
木曜・日曜・祝日
※不定期に日曜・祝日診療日有、翌月曜日は振替休診
文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は1件です

アクセス

マップ 詳しい地図はこちら