青山アール矯正歯科 医院HP

青山アール矯正歯科の診療案内
マウスピース

矯正装置について

当院では主に、米国製のマウスピース型矯正装置を使用して治療を行っております。
ワイヤーを用いた従来の矯正装置とは異なり、取り外しができ、快適に矯正治療を受けることができます。また抜歯ケースのような難しい症例においてもほかの矯正装置と併用することにより治療が可能です。

マウスピース型矯正装置とは?

光造形を応用したテクノロジーと診断プログラムソフトを用いることにより、より細やかな歯の移動が可能になりました。

当院使用の米国製のマウスピース型矯正装置は0.5mmの薄い透明のマウスピース(アライナー)を2週間ごとに順次交換し、徐々に歯を動かしていきます。従来型の装置のようにワイヤーを使用しないため、装着しても口の中は普段の生活と同じように快適です。また、装着していてもほとんど見えないので誰にも矯正治療をしていることを気付かれにくくなります。
さらに、ブラケット治療と比べ、歯や歯肉にプラークが沈着して虫歯や歯周病を誘発するリスクは少なくなります。

機能面のみならず、歯や歯周組織を守るといった衛生面においてもより良い矯正装置だといえるでしょう。

当院使用の米国製のマウスピース型矯正装置の特徴

1.痛みがほとんど無い
マウスピース型矯正装置は従来型の矯正装置に比べ、痛みが少ないといわれています。
その理由の一つとして、マウスピース型矯正装置では一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。
またワイヤーやブラケットを使用していないため、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。
2.取り外しができて衛生的
マウスピース型矯正装置は取り外し可能なため、従来型の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。
またマウスピース型矯正装置は歯ブラシで簡単に洗浄することができ、とても衛生的です。
3.食べたいものが食べられる
従来型の矯正装置ですと、ほうれん草のような葉物は絡みやすく、また餅のような粘着性のあるものはくっつきやすいため、少なからず、わずらわしさがあるかと思います。
マウスピース型矯正装置の場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことができ、快適です。
4.金属による悩みも解消
マウスピース型矯正装置はプラスチック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、不安なく治療を受けていただくことができます。
5.透明で目立たなく、しゃべりやすい
「矯正歯科治療がしたくても見た目が気になる」という方は多いのではないでしょうか。
マウスピース型矯正装置は薄く透明で目立ちにくい装置です。自分からマウスピースをつけているといわない限り、周りに気付かれないという患者様も多くいらっしゃいます。

当院の症例

CASE 前歯が反対に咬んでいるケース(25歳・男性)

初診相談 1回
精密検査 1回
コンサルテーション 1回
治療回数 10回
トータル 13回
治療期間 16ヶ月
(ケースリファイメントを含む)

マウスピース型の矯正装置を用いると上下の歯の干渉が無くなり、歯の移動がスムーズになります。

結果的に、治療期間が大きく減少します。

【矯正治療前】   【マウスピース矯正終了時】

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

当院使用のマウスピース型矯正装置での治療の流れ

STEP1 初診相談

歯についてのお悩みをじっくりとお伺いして、様々な資料をお見せしながら矯正治療についてのご説明をさせていただきます。
マウスピース(アライナー)矯正治療を希望される患者様で当院使用の矯正装置による治療が可能と判断される場合は次のStepへ進んでいきます。

STEP2 精密調査

マウスピース型矯正装置による治療に必要な検査を行い、資料をとります。
口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内の型取りなどを行います。

治療計画の作製

精密検査の結果に基づき、治療計画を決定します。
東京と大阪のスタッフが全員インターネットでディスカッションする症例検討会の時間を設け、質の高い治療計画を作成しています。

STEP3 コンサルテーション

治療計画や期間についてのご説明を、3Dのシミュレーションをご覧いただきながら行います。

STEP4 お支払い

治療を開始する前に、矯正治療終了時までにかかるすべての費用がおいくらになるかをお伝えします。お支払い方法は次の方法からお選びいただけます。
  • 銀行振込
  • クレジットカード(受付での決済となります)
  • デンタルローン(お利息付の分割払い)

STEP5 マウスピース型矯正装置の発注

マウスピース型矯正装置が到着するまで約3〜4週間かかります。

STEP6 マウスピース治療開始

アライナーの取り外しの仕方を練習し、装着に関する説明と注意事項を受けていただきます。1.5〜3ヵ月の定期健診で歯の動きをチェックしていきます。必要があれば歯の調整(IPR)などを行います。定期的に歯並びの状況を確認したうえで新たなアライナーをお渡しします。

STEP7 治療終了・保定期間の開始

最終的な噛み合わせなどに問題なければ保定期間の開始となり、リテーナー(歯を安定させるための装置)を装着していただきます。
担当医の注意事項を受けていただき、指示に従ってリテーナーを装着します。3〜6ヵ月ごとに通院し、歯並びの定期的なチェックを行います。保定期間は2年間となります。

住所 107-0062
東京都港区南青山1-15-2 越山ビル2階

地図 地図を見る
ホームページ 青山アール矯正歯科
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間 平日 11:00〜19:30
土曜 10:00〜18:30
休診日 木曜・日曜・祝日
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です