KU歯科クリニック 渋谷院 医院HP

東京都渋谷区南平台町2‐17 日交渋谷南平台ビル1階

診療案内

当院の特徴について

「歯科総合歯科医院」であること

「歯科総合歯科医院」であること

当院は開業以来、歯科総合歯科医院であることにこだわり続けてきました。それは、歯科医療は口腔内全体を見て治療を行うことが何より重要であると考えているからです。

歯を1本単位で見て治療するのでは、そのトラブルの原因が別の箇所にあった場合に適切な治療を行うことができません。歯科疾患は複合的な原因でトラブルが起きることが多いため、常に口腔内全体を見渡した治療が必要なのです。

当院では、口腔外科、インプラント、審美治療、歯周病、矯正、麻酔、保存修復など各分野に精通した歯科医師が密に連携し、口腔内全体を見据えた歯科医療を患者様にご提供致します。

対症療法よりも、全体治療

対症療法よりも、全体治療

対症療法とは、何かの症状に対してその都度対処していく治療のことです。たとえば、取れてしまった詰め物を接着剤で付け直すといった治療のことを指します。しかし、詰め物を付け直す前に、なぜ取れたのかを考え、もともとの原因を追究して対処しなければ、また同じように詰め物が取れてしまうことになります。

長期的なお口の健康のためには、トラブルの原因を取り除き、口腔内全体を見据えた全体治療が何より重要です。そして、それが同じ過ちを繰り返さないための近道であると考えております。

当院では、各歯科分野に精通した歯科医師がチームとなって治療を提供する体制を整えております。一つの医院内にて口腔内全体の健康改善をはかることができるので、治療後の予後も良く、お口の健康を長期的に保つことが期待できます。

明瞭な料金体制

明瞭な料金体制

保険適用外の歯科治療にかかる費用は、患者様のお口の状態によってそれぞれ異なるため、患者様にとっては分かりにくくなってしまいがちです。当院では、治療前のカウンセリングの際に、治療計画や治療内容とともに治療にかかる全体の費用を明確にご説明させていただいております。

当院の矯正治療の費用は、お口の状態や治療方法にもよりますが、総額「650,000〜1,500,000円」程度が目安となります。お支払い方法は、現金のほかクレジットカード、デンタルローン(60回まで分割可能)をご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。

削らない歯科治療

削らない歯科治療

シンプルで患者様の身体に負担を掛けない治療こそが、患者様が真に求める治療であると考えております。特に「削らない歯科治療」は、今後の歯科治療において重要なテーマであるといえます。当院では、矯正治療、予防、インプラントの3つを「削らない歯科治療」の柱としております。

削らない歯科治療の3つの柱

矯正

歯並びを整えるだけではなく、歯や歯茎の色や形態を整えることにより、歯を削ることなく健康的できれいな口元を作ります。

予防

予防は今ある健康な歯を守るための処置を行います。また、治療後のアフターケアによって歯の健康の持続に繋がります。

インプラント

インプラントはむやみに健康な歯を削る必要がないため、周りの歯に負担を掛けない治療といえます。

KU歯科クリニックの矯正治療

KU歯科クリニックの矯正治療

矯正装置を装着すると、歯が磨きにくくなることで虫歯になる可能性が高くなります。したがって、矯正治療を始める前に虫歯治療をしておく必要があります。しかし、矯正治療のみを行っている歯科医院の場合、虫歯の治療は別の歯科医院に行って治療を行う必要があり、効率的な治療を行うことができない場合があります。
当院では、歯科医師によるチーム体制を組んだ治療により、口腔内全体のバランスを考えたトータル治療を行うことが可能です。

矯正歯科が必要な不正咬合

不正咬合とは、上下の歯が適切に噛み合っていない状態のことをいいます。不正咬合には、上顎と下顎の位置がずれている骨格性のもの、歯と顎の大きさのバランスが悪いことによって一つひとつの歯にデコボコや隙間が生じる歯性のものなど、様々な種類があります。 不正咬合は見た目の問題だけでなく、身体や生活に様々な弊害をもたらします。

矯正治療では、ただ歯並びをきれいに整えるだけではなく、バランスよくしっかりと噛める歯を目指して、矯正装置で適切な位置まで歯を動かしたり、成長期の場合は顎骨の成長をコントロールしたりして歯並びと噛み合わせを改善していきます。

噛み合わせを整えることで全体の咬合バランスが良くなりますし、歯列がきれいに並ぶことで、唾液が汚れを流しやすくなります。また、整った歯並びは歯磨きもしやすくなります。

不正咬合の種類

上顎前突
分かりやすく言うと出っ歯のことです。上顎が前方に大きく突出していたり、下顎が上顎と比較して奥に引っ込み過ぎている状態のことを言います。

下顎前突
受け口と言われることもあります。骨格的に下顎が大きく、上顎より下顎が前に突出している状態で、上下の前歯が、前後逆に噛んでいる「反対咬合」になる場合があります。

開咬
奥歯でしっかり噛んでも前歯が噛み合わずに上下の歯の間が開いてしまう状態のことを指します。原因は歯並びによるものと骨格によるものがあり、幼年期の長期にわたる指しゃぶりなどが原因になることもあります。

叢生
乱杭歯や八重歯のことです。歯がデコボコに生えている状態で歯の大きさや数に対して顎骨が小さく、歯が並ぶための十分なスペースが無い場合に起こりやすい症状です。

上下顎前突
上顎・下顎ともに前歯が前に突出している状態のことを指します。外見上でも口元が突出しているように見えます。

交叉咬合
左右いずれかの奥歯または前歯が横にずれている状態で、開咬と同様に幼年期の長期にわたる指しゃぶりなどが原因になることがあります。

正中離開
すきっ歯と言われるような症状です。歯列の中央部分に隙間が空いている状態で、顎の大きさに対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の数が足りない場合に起こりやすい症状です。

切端咬合
上顎の歯が下顎の歯を覆わずに、上下の前歯の先端どうしが、ぶつかるように噛み合っている状態のことです。舌の癖や口呼吸・顎骨の成長異常が原因で起こりやすくなります。

矯正治療例

マウスピース矯正の治療例

約2週間ごとに新しいマウスピースに変えて、歯を移動させていきます。お出かけの際は、自分で取り外すことができますので、ほかの治療に比べて普段の生活に支障なく歯並びをきれいにすることができます。

マウスピース矯正の治療例 マウスピース矯正の治療例
▲ 治療前   ▲ 治療後

叢生[そうせい](前歯のデコボコ)の治療例

歯のデコボコを気にされて矯正治療を始めた患者様です。矯正治療後、歯のデコボコがなくなり、きれいな歯並びになりました。上下の前歯が後ろにさがり、口元もすっきりした印象になりました。

叢生[そうせい](前歯のデコボコ)の治療例 叢生[そうせい](前歯のデコボコ)の治療例
▲ 治療前   ▲ 治療後

上顎前突[じょうがくぜんとつ](出っ歯)の治療例

上の前歯が出ていることを気にされて来院された患者様です。矯正治療後、上の前歯が後退し、きれいな歯並びになりました。

上顎前突[じょうがくぜんとつ](出っ歯)の治療例 上顎前突[じょうがくぜんとつ](出っ歯)の治療例
▲ 治療前   ▲ 治療後

下顎前突[かがくぜんとつ](受け口)の治療例

噛み合わせが反対であること、下顎や下唇が出ていることを気にして来院された患者様です。矯正治療後、噛み合わせが良くなり、下顎や下唇も後退し横顔もきれいになりました。

下顎前突[かがくぜんとつ](受け口)の治療例 下顎前突[かがくぜんとつ](受け口)の治療例
▲ 治療前   ▲ 治療後

※治療結果は患者様によって個人差があります。

KU歯科クリニック 渋谷院の治療サービス

矯正の種類
部分矯正 / 成人矯正
矯正中の治療
虫歯治療対応 / 顎関節症治療
その他のサービス
抜歯対応

KU歯科クリニック 渋谷院の基本情報

住所
150-0036
東京都渋谷区南平台町2‐17 日交渋谷南平台ビル1階

詳しい地図はこちら
ホームページ
KU歯科クリニック 渋谷院
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間
平日 09:00〜19:00
休診日
土・日曜・祝日
文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

アクセス

マップ 詳しい地図はこちら
モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!