レンさんの相談

カテゴリ:アフターケア

リテーナーをつけていても後戻りするケースはあるのか

矯正治療を急速拡大装置を使い非抜歯で治療しました。(非抜歯の方が良いという先生の判断から)治療が終了し、先月上顎にホーレータイプのリテーナーをそして、先日下顎に歯の裏に付けるワイヤータイプを付けました。
ホーレータイプを使用して噛み合わせを安定させた後マウスピース型に移行するという予定です。
しかし最近規定されている時間を守りリテーナーを付けているにもかかわらず後戻りしているように思えます。リテーナーは付けられるので問題ないと先生言われましたがとても不安です。回答宜しくお願いたします。

読ませていただきました。

非抜歯、歯列の拡大という治療は一般的に後戻りの多い治療です。理由ですが、歯列の外側に唇や頬の筋肉が存在しています。外から内側に力が加わっています。それに対して歯列の内側からは舌が対抗しています。歯列は骨格、さらに筋肉の釣り合った所にあり、歯ははえていると考えられています。筋肉は大きく変化する事はありません。従って広げた物は常に元に戻そうとする力が加わります。もちろん必要があっての拡大であり、それ以外に解決策がないというのなれば、一生懸命保定装置を使用してなるべく後戻りを防ぐしかありません。成人矯正治療で抜歯症例が多い理由もこれです。

しっかり保定装置を長期間使用してください。治療が成功する事を祈っています。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除