nuuunさんの相談

カテゴリ:再矯正

反対咬合について

  • 投稿者 nuuun さん [17才 女性 学生] 2018/03/03/ 22:09
  • カテゴリー その他 再矯正 治療前
  • お悩みの歯 下あご右1番 下あご右2番 下あご右3番 下あご右4番 下あご左1番 下あご左2番 下あご左3番 下あご左4番

私は上の歯より下の歯が出ています。
ほんの少し出ているだけなら我慢できましたが、かなり上の歯より下の歯が出ています。
私は現在17歳の高校2年生で、小学生の時に歯並びが悪く、その時も下の歯が出ていたので小2から小5まで矯正をしていました。終わったあとはキレイな歯だったですが、中学生に上がる前から下の歯が出てきて元に戻ってしまいました。
年々ひどくなっていくように感じます。

私は高校に入ってからバイトをして、生々しくて申し訳ないのですが、今25万円程度貯まっています。
再来年には大学生になるので流石に矯正の分まで親には負担をかけたくありません。
なので、自分でお金を出して矯正したいです。

色々調べた上で勇気を出して母親にまた矯正したいと言いましたが、母親は猛反対してきました。
私のかみ合わせは母親からの遺伝です。
なのに母は全然わかってくれません。
すごいお金がかかるんだよ?痛いんだよ?と言ってきますが、そんなことは分かっているつもりです。
とりあえず相談しにいくだけでも!と言っても、行ってくれようとしません。

本当にしんどいです。友達と写真を撮る時もいつも気にしますし、下の歯が前に出ているせいか、顎も出ているため友達にいじられます。ノリで誤魔化していますが、本当は辛いです。

長くなってしまいすみません。
小学生の時矯正で通っていた歯医者は、月々3〜5000円程度で支払っていました。
ですが高校生になると値段が上がってしまうと思うのですが、大体月々いくらぐらいなのでしょうか?
目立ってしまっても治るのならばワイヤーでも全然大丈夫です。
あと、期間はどのくらいかかるでしょうか?

ここまで読んで下さりありがとうございました。

御相談内容拝見いたしました。

まず、そもそもの話になりますが小2から小5までの矯正治療で治療が終わっていることはありません。
特に反対咬合の場合は思春期の成長時期に下顎が成長してくるのは当然予想されることですので、成長終了する16歳頃までは矯正治療を継続的に行います。

現状を考えると、下顎が出ているのは通常の矯正治療では改善できません。治せるのは歯の反対咬合のみです。顎の位置の改善には顎変形症の手術が必要になる可能性もあります。

また、いくつか誤解されておられますがワイヤーによる治療以外で改善する可能性はありません。
費用も月々いくらというものではありません。
大きな金額の治療費があり、月々というのは調整料です。
それも歯科医院により様々です。

小学生の時に矯正治療をしていたにも関わらず、現在反対する母親の理由がよくわかりません。
どうしても理解が得られないのでしたら社会的に成人に達する20才になってから、御自身の判断のみで治療開始できるようになるまで待つしかないかと思います。
nuuunさん、はじめまして 京都市 くす矯正歯科 楠 です。
かみ合わせのこともありますが顎がでているのを改善するには外科手術が必要になってきます。その場合は、矯正治療も外科手術も健康保険の適応になります。表側からのワイヤーの装置にはなりますが、費用としてはかなり負担が少ないと思います。まずは矯正専門の医院で外科矯正を保険で行える歯科医院か問い合わせたうえでご相談に行くことをお勧めします。それで手術をするべき症状かどうかも相談してみてください。よろしくお願いいたします。
読ませていただきました。

よくわかります。親世代の方に矯正治療の経験者が少なく理解できないのが日本の実情です。これが矯正治療の歴史のあるアメリカとは違います。

さて記載されている内容ですが、外科矯正の適応ではないか?と感じました。思春期に身長が伸びます。その時に下の顎の成長で反対咬合になったのなら骨格性です。下顎骨も後方に移動する事を考えた方がよいと思います。骨格性下顎前突症で手術の適応になればそれはすべてが健康保険という事になります。もちろんお母さまは反対されると思いますが、顎の前突や歯並びなどすべてが治ります。しかも保険です。

一度大学病院かあるいはそれに準ずる矯正歯科医院、育成・更生医療機関に相談に行ってください。この資格がある歯科医院であれば保険で治療が可能です。

お母さまに自分がどれだけ悩んでいるかを冷静に説明してください。そして一緒に相談に行きましょう。治療するかしないかはその後の家族会議で決めればよい事です。

希望がかなう事を祈っています。
こんにちは、京都三条大橋歯科診療所の川畑です。
歯並びでとてもご苦労されていることがよくわかります。今、治療法があるのに治療できないことはとてももどかしいことでしょう。
ただ、お母さんもいろいろな事情を考えて仕方なく今はそうおっしゃっていると思いますので、あまり責めないで前向きなことを考えていきましょう。歯にそれだけ関心をお持ちでしたら、将来、歯科関係の職業についたらいい仕事ができるかもしれませんね。
私自身のことですが、もともといわゆる出っ歯で(いまもその傾向はありますが)、矯正の先生に小臼歯を4本抜歯しないとうまく並べられないといわれていたのですが、諸々の事情で矯正できないまま大学院生になったとき、大臼歯の遠心移動という方法が世の中に出てきて、結局、抜歯せずに治療することができました(小臼歯を抜歯せずにそれなりに並んだことに満足しています)。こんな風に、治療時期が少し遅くなっても、新しい治療方法がでてきることもありますよ。
ご相談からは、とにかく早く歯並びをよくしたいと考えていると思いますが、矯正治療は人生で何回もする治療ではありませんので、治療後に後悔しないように、今はいろいろな治療方法を調べてみたりすることも大事かと思います。
ちなみに、一般的に矯正治療は、自由診療ですので治療総額や支払い方は医療機関ごとに様々(概ね50万円〜100万円くらいが多いかも)ですが、下顎前突などで顎矯正手術が必要な症例については保険診療が適応される場合もありますので、口腔外科のある大学病院などで診察をうけてみることも、いづれ考えてみてはどうでしょうか。



相談を投稿する