高橋田中さんの相談

カテゴリ:治療後・アフターケア

インビザライン矯正終了後のリテーナーについて

上顎前突にてインビザラインフルにて抜歯して治療しました。先月無事矯正もおわったのでリテーナーを使い保定期間に入ったのですが、リテーナーは寝るときだけつければ大丈夫と言われました。担当医に本当にそれで動かないのか聞いたのですが、はずしてて再装着するときにきたい感じがするかもしれないがそれは噛み合わせを合わせるために歯が動いたからでリテーナーがハマれば問題ないと言われました。最初は心配だったのでご飯の時外すくらいにしてたのですが、リテーナーのマウスピースは喋りにくさもあり最近仕事中は外すようにしてしまいました。すると再度リテーナーを装着するとつけ始めすぐは、なんとなくきつい感じがします。心なしか歯がまた出てきたような気もします…。
試しに一番最後に使っていたインビザラインのマウスピースをはめてみたのですが、なんとなくマウスピースが浮く感じもします。インターネットで調べれば保定期間もご飯以外はリテーナーをはめて置くとあるので、本とか寝るときだけでいいのでしょうか…。思えばインビザラインの治療中から担当医は適当な行動が多く、前回言っていたことを忘れたりすることもあったり信用できなくなっています。また定期検診があるのですが、他の歯科医の先生の話も聞きたくて相談させていただきました。よろしくお願いします。
※一部内容を修正・割愛いたしました(運営部)

読ませていただきました。

私は自信はマウスピース様の装置で治療をおこなった事はありませんが一般的にリテーナーはなるべく長期間、長時間が一般的だと思います。

マウスピース様の装置はチェアサイドでは担当医はほとんど何もすることがないはずです。従って後半に書かれているような印象を持たれたのかもしれません。

もう一度確認を取られる事をお勧めします。
こんにちは仙台リボン歯科矯正歯科です。
ご相談ありがとうございます。
矯正後のリテーナーと後戻りについてですね。
リテーナーについては矯正医によって考え方が違うので難しい所ですが、当院では少なくとも1年は食事以外は付けていただいています。1年経過後は患者様によって夜のみにするか、一日中付けていただくかは変えています。
当院ではインビザラインフルで治療をした場合、治療を開始した時期によっては後戻りの保証をしていて新しいアライナーで再治療をしています。
後戻り後の治療保証に関してはそれぞれの医院によって違うので担当医に確認してみるのがよろしいかと思います。
また何かありましたらご連絡ください。
拝見させていただきました。
ワイヤー矯正の先生、マウスピース矯正の先生、被せて治す先生がいらっしゃりますよね。術式によりそれぞれの考え方がございます。

上顎前突、抜歯症例での当院基準ですが、細かく並べてみました。
右側が仕上がりが良く、より後戻りしにくい方法です。
.泪Ε好圈璽攻裟気里漾祗▲錺ぅ筺雫裟気里漾祗↓(四僉絖↓(四僉椨セラミック矯正

と考えております。
従いましてマウスピース矯正のみで終了した症例では、保定には十分注意する必要があります。
保定用のマウスピース装置は夜間の装着だけよりも、さらに1年以上は昼間も使用した方が宜しいかと思います。もしマウスピース型の保定装置を終えたいのであれば、取り外し式の表にワイヤーを出す装置や前歯の後ろにワイヤーとレジンで固定する方式等がありますよ。
定期検診の時に費用等相談されてみてはいかがでしょうか。
早く解決するといいですね。
こんにちは。質問を読ませていただきました。
担当医先生のパーソナリティーに関しては何もいえませんが、
やはり、リテーナーは、動的治療終了直後は咬合の緊密化と今までの治療において歯周組織にダメージ(歯周靭帯の伸展、骨のりモデリングなど)がありますので、リテーナーはなるべく長時間使用してもらいます。また、リテーナーは1年以上を過ぎても使用頻度を減らしてでもよいので長期間使用することをお勧めします。
本来、人間の歯はお口の中の環境や顔の筋肉の変化などでも動きますので、せっかく綺麗になった歯並びを長持ちさせるには長期間の使用をお勧めいたします。



相談を投稿する