みーさんの相談

カテゴリ:外科手術

外科矯正後の顔の変化が受け入れられない

上顎前突・下顎後退と診断され、術前矯正の後、下顎を8mm前に出す手術をしました。現在術後2ヶ月なのですが、術後の見た目の変化が受け入れられません。術前矯正で出っ歯がひっこんだため、鼻下が長くなり、下顎も前に出たことで長く見えるようになりました。全体的に顔が長くなり、筋肉の低下からか上唇がたるんで広角が下がりました。
噛み合わせ自体は良くなり、術後のしびれもなく、経過は良好とのことで、完全に、私自身が見た目を受け入れられないことが問題です。矯正の先生に話したところ、「元には戻せない。どうしても気になるなら美容整形。おすすめはしないけど」と言われました。毎日鏡を見ては落ち込み、精神的に凹んてしまい仕事も手につきません。カウンセリングを探し相談してみましたが気持ちは晴れず、毎日毎日顔のことばかり考えてしまいます。再手術して、元の顔に近づけるという選択肢はあるのでしょうか。美容整形するしかないのでしょうか。。

読ませていただきました。

外科矯正は保険で行われましたか?外科矯正は全体を健康保険の適応で治療する事が可能です。実は保険の適応になっているのは健康を考えての事です。噛めるようにするという事です。審美ではありません。矯正治療をおこなっても噛むことができない。そこで顎変形症という診断で手術を保険で行います。目的が健康であり、美容ではありません。

残念ですが元に戻す事はできないです。やはり美容での相談になるかと思います。しかし、まだ手術後2か月です。もう少し様子を見られてはどうですか?少しは手術による腫れが残っているかもしれません。また術後のしびれなどがないと言うのは良好だと思います。

手術前と手術後では横顔には改善はないのでしょうか?私はこれまでの経験では外科矯正で満足できないという結果になった事がありません。こういった事はありませんか?改善したけれどご自身が期待したほどではなかった。一致しなかったという事ではないでしょうか?患者様がどこまでの改善を期待していたか?というのは残念ですがご本人しかわかりません。下顎を8舒榮阿垢譴于4蕕砲録阿覆鋲霑反イ慮みなどの個人差もありますが、移動量の70%から80%反映されます。とすると約5,6个諒儔修任后

私の判断が違うかもしれません。いかがでしょうか?手術前よりも悪くなっているのでしょうか?御自身がどんなお顔になりたいか?お考えになってみてください。歯科の範疇ではない鼻の形や目など他の要素なのかもしれません。

私の意見を記載させて頂きました。もし見当違いでしたら申し訳ありませんでした。希望が叶う事を祈っています。
  • みー(31歳 女性 会社員 )
  • 2018年07月10日17時14分
ご回答いただきありがとうございます。

治療はすべて保険で行っています。
おっしゃる通り、健康のための治療とは重々承知しております。
睡眠時無呼吸症候群の疑いがあったため睡眠の検査をしたり、セカンドオピニオンを受けたりした中で、自分の中では納得して手術を決めたつもりでした。しかし同時に、美容面を期待しすぎてしまったのかもしれません。
先生のお返事を拝読し、「どういう顔になりたいのか」考えました。今になってみれば、もともとの顎の後退を自分の中でチャームポイントだと思っていたんだと思います。目、鼻には自信がなかったけど、自分は小顔だと思っていたし、本当は顔を変えたいなんて思っていなかったんだと。
おそらく、外科矯正で満足される方は、それまでの外見のコンプレックスが解消されることもあって満足されるのだと思いますが、私の場合は、チャームポイントを自分で捨ててしまったような後悔があるから、満足できないのだと思いました。
腫れはほとんどおさまったように思います。むしろ、術前矯正中に顔がすごく痩せたのですが、今はその痩せた顔に戻っています。
また、鼻下の皮膚がたるみ、広角が下がり、老けたというか不健康な感じになってしまいました。
フェイササイズは頑張っていますが、今のところ効果はなしです。ブラケットが外れれば、多少は頬がふっくりしたり、口元が引き締まったりするのでしょうか?

非常に主観的な内容で申し訳ないのですが、
たくさんの患者様の意見を聞かれていらっしゃると思いますので、
何かアドバイスをいただけましたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。
  • みー(31歳 女性 会社員 )
  • 2018年07月17日22時50分
どなたかの先生に、こちらのご回答はいただけますでしょうか?
よろしくお願い致します。
読ませていただきました。ご自身でも記載されているように小さな下顎、あるいは下顎の後退が気にいっていたのでしょう。しかし、それはおそらく矯正歯科医にとっては下顎後退であったという事だと思います。主観的と客観的な事の違いかもしれません。

外科矯正の患者様を担当してきました。手術後のお顔立ちで問題になった経験は私にはありません。ただしその点は何度も話し確認します。

以前の事、反対咬合を治したい。明らかな外科矯正の患者様でした。手術をする必要があります。下顎後方に下がります。と説明しました。しかし、その患者様は自分の顔は気にいっているので変化させたくないと言われたので矯正治療は行いませんでした。私からすれば下顎を後退させた方が横顔は良くなります。しかし、患者様はそうは思わなかった。事前にわかってよかったです。これは個の問題です。当事者には大変大きな問題です。

これに似たような例ではないか?と思います。美容の分野ですね。

明確なアドバイスができずにすみませんでした。悩みが解決する事を祈っています。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除