マルチさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

歯列矯正 全体矯正から部分矯正へ

成人の歯列矯正についてご相談です。歯列矯正を始めたばかりです。
・出っ歯
・抜歯は上の歯2本のみ
・矯正器具は上下ともにつける
下の歯は特に問題なし、上の歯に合わせる感じで下の歯並びも整えるということで、上下に矯正器具をつけることにしていました。しかし実際に矯正を始めてみて、下の歯は抜歯をせず矯正するのであればそこまで変化はないのではと思い、費用と期間の面から部分矯正でもよかったのではないか、部分矯正にすればよかったと後悔しています。
しかし医師も治療計画をたてていてくれているだろうし、一度は自分の意志で決めたことなので今の考えを伝えてよいものか悩んでいます。全体矯正から部分矯正に変更してもらうことなど可能なのでしょうか。先生方はご自身の患者から上記のような相談を受けたらどのように対処されますか?ご回答よろしくお願い致します。

御相談内容拝見いたしました。

上顎を抜歯するということは、そのスペースを閉鎖するために前歯から奥歯の全ての歯が動きます。幅も変わりますし、もちろん細かいでこぼこもなくなります。
下の歯もコントロールしていないと、現在馴染んでいる上下の歯の位置関係が崩れるので、ほとんどの場合かみにくくなります。

もしも上顎だけの治療の場合、咬みにくくなったと言われても何一つ対処することができません。

咬みにくいままで治療を終えることになります。

とてもお勧めできる治療ではありません。
読ませていただきました。

残念ですが部分矯正では治りません。はっきりと言えます。

患者様は治したいと思われているのは出っ歯、上顎前歯だけ。だから部分矯正と思われるかもしれません。ところが歯科医は上顎前歯にだけ装置を装着するので部分矯正という事です。上顎前歯にだけ装置をつけても内側に前歯は移動しません。その点が違います。

部分矯正では出っ歯は治りません。上顎前歯を内側に入れるのには後方の臼歯部から前歯を牽引するか、下顎の歯列からゴムなどで牽引する必要があります。そこで上顎の臼歯部あるいは下顎にも装置は必要になります。

また上顎を動かせば下顎と噛むはずがありません。下顎に合わせて上顎を動かすなんて事は不可能です。実際に下顎も治療する必要があるはずです。

部分矯正の適応症は出っ歯でも反対咬合でもないごくわずかなデコボコがある程度のものです。しかも歯は抜かない。本当に簡単な症例です。

残念ですが全体的な矯正治療のケースです。

治療を頑張ってください。成功する事を祈っています。



相談を投稿する