たかはらさんの相談

カテゴリ:かみ合わせ

噛み合わせ矯正、先天性欠如

こんにちは、噛み合わせ矯正について相談です。歯並びは揃っているのですが、前の方の噛み合わせが全く出来ておらず、矯正することになりました。(下顎が小さいと言われました。)また、先天性欠如で下の歯が元々2本ありません。
噛み合わせを合わせる場合には、上の歯の抜歯(2本)が必要と言われました。しかし、両親は抜歯に反対のため、歯を奥に詰める(もしかしたらスペースを作るために削る)治療法で進めることになりました。しかし、後々考えてみると、歯を奥に詰めたことで前の歯は噛み合ったとしても、今度は奥の歯が噛み合わなくなるのではないかと疑問になりました。上下で歯の本数が違う時点で、上下とも揃えるのが1番いいのかなとは思っているのですが…。奥に詰めることで奥歯の噛み合わせばズレたりしないのか、教えてください。また、先天性欠如で上下歯の本数が違う場合でも噛み合わせは揃うものなのでしょうか?

読ませていただきました。

ご心配はよくわかります。下顎が小さいという事は骨格性上顎前突(出っ歯)ですね。

たかはら様のご指摘の通りです。下顎に2歯先天欠如がある場合はやはり上顎も2歯抜く必要があります。抜きたくないとなると仕方なくといった診断だとよい結果にならない可能性もあります。

後方に奥歯を下げる、歯を削る。それでもやはり抜いただけだのスペースはできません。思ったような結果にならない事も考えられます。これは担当医に確認してください。最後の段階で“抜かなかったためにこうなった。これ以上は無理です”と言われかねないです。抜いた時と同じ結果が得られるか?確認してください。

上顎ですが親知らずがあれば抜歯する事になります。また、歯の本数が違うのでご心配の事は起きる可能性はありますが、問題はご本人様が噛めないと感じるか?です。おそらく今もしっかりとは噛めていません。だとすると変わらないと感じる可能性もあります。もちろん噛めるようになるのが理想ではあります。

患者様に抜きたくないと言われた場合ですが、歯科医としては断る。あるいは記載されているような処置になります。私ならお断りするかもしれません。

拝見していないので想像の部分もありますが、理想的な治療ではない事は間違いありませんね。

それでも治療が成功する事を祈っています。
  • たかはら(21歳 男性 会社員 )
  • 2018年08月30日12時31分
ご丁寧に回答していただきありがとうございます!先生にしっかり確認してみます…ちなみに、両親は抜歯をすると歳をとった後どんどんダメになってくると言ってるんですが、やっぱりそういうことがあるんですか??
いや、ありません。

実はご両親様の世代の方に矯正治療の経験者はごくわずかにしかいません。従って誤解されている事がよくあります。ご両親様のお考えになっている抜歯というのは虫歯や歯周病で歯を失うのと同じ事だと考えているはずです。

もし矯正治療をせずに将来、虫歯や歯周病で歯を失った場合は隙間がなかったり、大きかったします。それは歯が重なっていたりでこぼこしたりしているからです。ところが矯正治療をしてきれいな歯並びになって歯を失った場合は、しっかりとした1歯分の隙間があります。そこでインプラントなどの最善の治療を行うことが可能です。

また虫歯や歯周病の予防の点からも歯並びは重要です。

矯正治療が誤解されやすいのは、まだ日本での歴史が浅い事。また、いまだに一般化したとは言えない現実があります。アメリカのような社会になれば矯正治療をするのは当たり前であり、していない歯並びは不潔で不健康という事になるかと思います。

担当医の先生に確認してください。抜かなくても同じような結果が得られるか?です。
私の娘も同じく下の前歯が二本ありません!ですが、抜いていません。上の奥歯を後ろへ動かすことに賛成します。また、前歯がかみ合わない原因は舌で前歯を押し出していること、口を開けて寝ていたため奥歯が長いことなどが考えられます。アンカースクリューを利用して奥歯を縮め奥へ動かします。上の前歯は横を削り小さくし、下の前歯と犬歯はレジンを横に盛り大きくして上下のバランスを取ると問題なく噛み合います。
  • たかはら(21歳 男性 会社員 )
  • 2018年08月30日14時14分
詳しく説明していただきありがとうございます!ちなみに、 ̄歯はどのくらい奥に詰めれるものなんですか?(一般的に、もしくは、最短で何ミリとかでも構いません!)
また、奥歯を動かしたことで前の噛み合わせはあっても次は奥歯が噛み合わないということはないんですか?上の歯は下の歯よりどうしても2本分多くなるのでらその2本がどの歯と噛み合うの謎で…。質問多くてすみません。。
奥歯は、ちゃんとかみあいます。それよりもよくかみしめて食べかみしめたまま飲み込むトレーニングをして下さい。食事中飲み物は禁止です。かまなくなるため。
前歯は上6本と下4本でサイズが合うよう大きさをかえます。上は一本0.5mm削り3mm.下は1本2mmを4本大きくして8mm。合計11mm,下は目立たないので少々大きくしても大丈夫です。前歯は一本5.5mmで二本で11mmですから。

たかはらさん、はじめまして、京都 くす矯正歯科 楠です。たかはらさんが考えられているように、上の奥歯が下の奥歯ときれいに咬まない事が考えられます。主治医の言われるように下の前歯が2本少ない場合、上の前から4番目の歯を左右で抜いて治療することが多いです。もう一度、上の歯を抜歯することも再度相談、検討されてはいかがでしょうか。よろしくお願いいたします。
  • たかはら(21歳 男性 会社員 )
  • 2018年08月30日14時15分
ご回答ありがとうございます!そうですよね…しっかり話し合いたいと思います。。ありがとうございます!
たかはらさん、はじめまして。あくまで口腔内や顎顔面領域の状態を診断しないとわかりにくいのですが、噛み合わせ矯正の一般的なお話しとしてお聴き下さい。下顎の歯が2本先欠歯という口腔内ですので歯列弓は他の方より狭い傾向があり、口腔容積という観点から言うと逆に側方へ拡大すると先天的に二本歯分のスペースができることができる術式が行えるなら一番あなたにとってベターです。できたスペースに人工歯根やブリッジ補綴も如何でしょうか?上顎歯列も整列して安定しているので舌が口蓋についているという仮定ですが。つまり歯列を奥に詰めることによっての舌位や呼吸姿勢などディメリットも計算しなければいけないからです。
いろいろとお悩みのことと思います。
ご指摘のとおり下顎に2本先天性欠如であれば
歯の数を合わせて上顎の歯を2本抜いてかみ合わせを作る
べきです。
仮に後ろにスペースがあり後ろにもっていってもかみ合わない
ところができてくると考えられます。
また、小臼歯(よこの小さいうす歯です)の前側と後ろ側を削って
隙間を作りそこをつめて前歯をさげるのも考えられます。

したがってずれたりはしないけど歯が上と下で数的にちがうので
かみ合わせがそろうとはいいにくいです。



相談を投稿する