なおさんの相談

カテゴリ:治療の開始時期

大人になってからの矯正だと、、。

吹奏楽部に所属する中学3年生の娘の歯なのですが半年前に乳歯が抜け、歯が無い状態で放置していたのですが最近やっと部活が一段落したので歯科医院で診察を受けた結果、下顎5番小臼歯が先天性欠如歯だと診断されました。矯正歯科を紹介され相談に行き、詳しい画像で検査してみないと正確な判断は出来ないけど、レントゲンに写っている親知らず(まだ歯茎の中)の向きが大丈夫そうなので、本当に使えそうな親知らずならば現段階では入れ歯を利用し、将来、20代以降にその親知らずを利用して矯正をするのが良いと言われました。
そこで相談なのですが、歯の矯正をなさっているお子さんはよく見受けられますが、大人になってからの矯正って治療の効果が得られるものなのでしょうか?まだ成長期である15歳の現在の方が歯を動かしやすい様に感じてしまうのですが、どのようなものでしょうか?ちなみに親知らずを利用できれば健康な歯を抜歯する必要はおそらく無いだろうと言われました。

読ませていただきました。

矯正歯科専門歯科院では検査をしていないのですか?それだと矯正治療をしない方向だと歯科医は判断したのではないでしょうか?精密な検査は必要です。

あるいは乳歯が抜けた場所がごくわずかしか残っていない。それ以外には考えられません。というのは先天欠如があれば今から私なら治療します。治療にはよい年齢です。もちろん成人してからでも可能ではあります。しかし、できれば若年者から行う方がよいですね。

セカンドオピニオンをお聞きになる事をお勧めします。他の専門歯科医の意見を聞いてみてください。私なら治療は今はじめます。

治療が成功する事を祈っています。
はい、15歳の方が動きやすいです。親知らずがあれば使えますから早目の矯正治療が良いと思われます。親知らずを使う矯正ならば奥歯を前方へ動かす治療です。乳歯がないならば入れ歯は作らずに矯正してゆくのが得策かもしれません。矯正歯科医院で、ご相談下さい



相談を投稿する