ひなたさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

ゴムかけかスクリューか

  • 投稿者 ひなた さん [39才 女性 会社員] 2018/09/01/ 09:20
  • カテゴリー 小児矯正 装置・治療法 治療前
  • お悩みの歯 上あご右1番 上あご右2番 上あご右3番 上あご右4番 上あご左1番 上あご左2番 上あご左3番 上あご左4番

13歳の娘の上の歯が全体的に前に出ているのですが、主治医に治療方法を
_4蕕全く変わらない→上の2本のみ抜歯
横顔が少し変わる→上を奥から4番目、下を奥から5番目の上下4本抜歯
24蕕とても綺麗になる→上下4番目、親知らず4本の計8本抜歯
の中から選び、ゴムかけかスクリューかを決めるようにと言われました。親知らずはまだ埋まっているので△諒法でと考えているのですが、4本抜歯に少し不安があります。それとゴムかけはとても大変だからとスクリューを勧められているのですが13歳でスクリュー治療も不安です。スクリュー治療は楽で治療期間が早くなるとしか説明がなかったのですが、それだけの違いなのでしょうか?スクリュー治療とはただスクリューを埋め込む以外違いはないとの事だったのですが。

読ませていただきました。

内容はよくわかります。3つの案ともにブラケットを使用しての治療です。骨格には何の作用もありません。そこで歯を内側に移動させる事によって口元を入れる。従って3番目の案が効果が高いのはよく理解できます。これを決められられるのはやはりご本人だと思います。どうお考えになるか?は患者様の意思が尊重されます。抜かないという選択肢はないですね。3番目の案がもっとも口もとを中に入れる事が可能です。

矯正治療には歯の移動のために患者様の協力が必須です。そこでゴムを使用してもらいます。例えば上顎前歯を内側に移動する場合は下顎の大臼歯から上顎前歯にゴムをかけてもらいます。それ専用の小さな輪ゴムです。当然下顎の臼歯から引くので上顎前歯は内側に移動して来ます。ところがそのゴムは毎日自分で取り換えなければなりません。また食事以外は使用します。使用してくれないと治療効果が限定されたものになります。

そこでアンカーインプラントという方法です。スクリューと書かれているのはその事です。チタンでできたネジを骨に入れるという事です。

この方法だと患者様の協力が要りません。歯科医が来院した時にゴムを入れ替えるだけです。実は歯科医もらくです。ただし、多くの歯科医ではスクリュー1本について数万円の費用を請求する医院が多いです。もちろん欠点はあります。牽引する方向が限られます。骨の中に埋入するので牽引する方向は常に後上方向でしかも外側です。ゴムとは違います。またゴムは上下で引っ張ることもできるので、歯を噛ませることができますが、スクリューではできません。引っ張る方向は埋入した位置によります。その点はゴムには自由があります。

どちらにしてもお嬢様が指示通りにゴムをかけてくれれば問題はありません。ゴムがよいと思います。お嬢様と話し合いになる事をお勧めします。

治療が成功する事を祈っています。
  • ひなた(39歳 女性 会社員 )
  • 2018年09月08日15時28分
娘もスクリューは楽かもしれないけどゴムで頑張るとの事です。親知らずの抜歯をしなくても少しは横顔は変わるでしょうか?
はい、ゴムをしっかり使用して上顎前歯を内側に移動させれば変化します。抜歯して治療した場合は口元が小さくなりきれいになります。

頑張ってください。
 ご質問ありがとうございます。
4本抜歯に抵抗がある事とスクリューについてのご質問ですね。
 お気持ちは良く理解できますが、咬むという機能、横顔の審美性は歯の数ではありません。4本少なくても矯正治療によりしっかり咬めるようになりますし、横顔も審美的になります。決して歯の数ではありません。
 スクリューに関してはゴムかけは患者様の協力が不可欠です。しかしスクリューでは固定式ですから主治医が必要に応じて利用できますので患者様の協力が不要でしかも効果が確実というメリットがあります。
 



相談を投稿する