N.Eさんの相談

カテゴリ:効果

受け口の治療の効果について

この前歯科医院にいったのですが受け口といわれました。あと顎がどうのこうのと言われ手術が必要ともいわれました。今まで食事の中で特に焼肉の時噛んだりすると口元とか歯に痛いというよりかは違和感を覚えることはありました。あと見た目の問題として下顎が前に出ていて少し顎がずれています。調べたところ美容外科で治療する方法もあるということなのですが費用面で考えると少し厳しいので美容外科での治療はできるだけ避けたいと思っています。矯正歯科での治療の場合、美容外科とくらべ何か効果に違いはあるのでしょうか?
噛み合わせの面では違いはあると思うんですが、見た目に関して少し気になります。

読ませていただきました。

美容を目的の治療は保険の適応になりません。美容外科は医師が担当するものでかみ合わせなどよりも見た目を重視しています。

これに対して、矯正歯科で育成・更生医療機関の指定を受けている病院では健康保険の適応になります。しかし、これはかみ合わせを重視しています。見た目を目的にしていません。健康を目的にしています。だから保険の適応になります。顎変形症という診断名がつきます。治療の流れとしては、これは矯正治療をおこなった後に外科手術を行います。さらに最後に矯正治療をおこないかみ合わせの調整をします。

大きな違いはありますが、実は後者の保険で行う外科矯正もお顔立ちはもかなり改善します。お勧めです。

まずは矯正歯科専門歯科医院で育成・更生医療機関の資格をもつ医院へ相談に行かれてください。アドバイスしてくれます。

治療が成功する事を祈っています。
N.Eさん、はじめまして、京都 くす矯正歯科 楠 です。
矯正歯科で矯正してから、口腔外科、形成外科で顎の手術をする外科矯正というものがあります。美容外科と違い口腔外科で行う手術は顎のみです。顎口腔機能診断という施設基準をみたしてる矯正歯科であれば、治療費は健康保険が適応になります。まずはお近くの矯正専門歯科にご相談ください。よろしくお願いいたします。
顎のズレや下顎の前突は顎変形症の健康保険適用で外科的矯正治療が専門医で受けられます。認可を受けた医療機関が公表されていますからそちらへご相談下さい。現在は技術が進歩して非常に満足できる結果が得られております。また、多少の顎のズレは気にならないならば、アンカースクリューを使用した矯正であればズレも治すことができて良いかもしれません。しかしながら、矯正治療はあくまで歯を動かす治療ですからアゴの形は変わりませんのでご留意下さい。



相談を投稿する