みとさん(神奈川県)の相談

カテゴリ:治療後、アフターケア

高校生の頃から歯科矯正治療を始め、歯並びは綺麗になったのですが、親知らずが生えてくることを前提とした治療計画だったとのことで、親知らずが生えてこない今も睡眠時だけ、歯が動かないように器具を使用するよう言われています。

半年に一回、矯正歯科にて診てもらっているのですが、親知らずが生えてくる気配はなく、現在の年齢を考えると親知らずが生える可能性も高くはなく、この先半永久的に器具をつけなければならないのか、矯正歯科に通い続けなければならないのかと不安になります。そのことを担当医に伝えても、様子を診るしかないとしか言ってくれません。

来年から関西方面に引っ越す予定で、そう頻繁に今の矯正歯科に通えるわけでもありません。矯正治療を終わらせる(睡眠時、器具を使用しないでも済む)ための良い方法はないでしょうか?ご回答よろしくお願いいたします。

  • 矯正歯科ネット運営部
みとさん

相談室へのご投稿誠にありがとうございます。
矯正歯科ネット運営部です。
矯正治療を終えて、現在睡眠時にリテーナーを装着しているとのことですね。

後戻りは「必ずおこらない」保証はありません。
キレイな歯のあともどりを防ぎたいのであれば定期的な検診やリテーナの装着はしたほうが望ましいでしょう。

もし、現在の状況が負担であれば、リテーナーの装着時間を減らしても可能か、定期健診の頻度を減らしても大丈夫か相談してみてはいかがでしょうか。
しかし、その際に考えられるリスクについても、聞いておきましょう。

なお、引っ越すときには、今後もキレイな歯並びを維持するためにどうすればいいのか、引っ越し先の矯正歯科で定期的な健診を受けるために、今までの治療の資料をもらえるかどうかなど、相談したり、アドバイスをもらうとよいでしょう。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除