まうさん(千葉県)の相談

カテゴリ:抜歯について

矯正を始めて3カ月になります。
次回の通院までに抜歯をする必要がありますが、元々顎が小さいのに抜歯をしたら、口の中が窮屈になるのでは・・と心配しています。

・矯正を希望した理由:上前歯の重なり(叢生)と突出の解消
・治療計画:
抜歯は計3本を予定(右上:第2小臼歯、左上第1小臼歯、右下:第2小臼歯)。左下は元々1本欠如しているので抜きません。
インプラント(スクリュータイプ)を上顎左右に装着予定。
顎に問題があり、本来の顎位置に戻すためにダイレクトスプリントを装着しました。

元々顎が小さいことに加え、ダイレクトスプリントの装着で顎位置が若干後ろに下がったため、食事の際に以前より少量しか口に含むことができないように感じています。上の歯2本を抜歯することに抵抗はありませんが、下の歯を抜歯してよいか非常に不安です。

診断では、下を抜歯しないという選択肢はないそうです。
理由は、「下を抜歯しないと上下の本数が違い、正しい噛み合わせを作れない。仮に下を抜歯しない場合、上の正中線を現状の下の正中線に合わせることになるので、正中線がかなり左寄りになって変になってしまう。」と言われました。

質問なのですが、
〇を1本抜歯しても口腔内のスペースを変えないことは一般的に可能ですか?
医師は「狭くならないよう出来るだけ上手くやります」と言ってくれましたが、これ以上窮屈感が増すのは避けたいです。
⊂絏爾了の本数が違う場合は正しい噛み合わせを作ることはできないのでしょうか?下の正中線のずれは気にしていないですし、健康な歯を抜歯することによって長い目でみたときに口の機能面・全身の健康に悪影響があるのではないかと心配です。

恐れ入りますが、ご回答頂けますと幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

こんにちは、銀座HINA矯正歯科の今野です。

まず始めに、現在のお口の状況説明と治療計画についてしっかり把握されていることに感心しました。専門的な内容が多い矯正治療では難しいことです。

本題ですが、
質問_爾了の凸凹が強い場合には、ほぼ口腔内スペースを変えずに治療ができるはずです。診断での下の歯のALD(凸凹数値)が7mm位であれば、それに該当します。

質問∨椰瑤異なっていても可能です。左右で違う本数の治療計画もあります。大切なのは、上下の歯の関係が1歯対2歯(上の歯1本に下の歯が2本接触している前後的関係のこと)であること。

もしも、まうさんの下の歯の凸凹が少なく、正中線のズレも小さい場合は、右奥歯を後ろに動かす方法で今の問題を解決できるかもしれません。

また、スプリントにより下のあごが後ろに下がったことを考えると、恐らく、担当の先生もできれば下の歯の抜歯は避けたいのではないでしょうか?

矯正治療は始める前が肝心です。治療が始まれば後はレールに乗って進むしかありません。その道筋をしっかり把握・納得されてからスタートして下さい。

担当の先生も全く間違ったことは言っていませんので、お互いの話し合いの中で、より良い治療を受けられるといいですね。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除