かおるさんの相談

カテゴリ:その他

下顎の非抜歯矯正希望。

  • 投稿者 かおる さん [23才 女性 会社員] 2015/08/08/ 21:48
  • カテゴリー 抜歯と非抜歯矯正 その他 治療前
  • お悩みの歯 下あご右1番 下あご右2番 下あご左1番 下あご左2番

私は小さい頃から下顎の前歯がガタガタしており、現在23歳になるまで矯正はしてきませんでした。
最近綺麗な歯並びになりたいと思うようになりました。
しかし、抜歯はしたくありません。
できることなら自分の歯は残しておきたいのです。
抜歯せずに矯正できる限度はどのくらいでしょうか?

ガタガタの下の前歯を抜かずに矯正治療するには、アンカースクリューによる上下の大臼歯の遠心移動を行なう新しい矯正治療法を行なう必要があります。そうすれば、スペース不足が10mm以上あるような従来の抜歯ケースも歯を抜かずに治療可能です。従来は5mmを越えるスペース不足は永久歯の抜歯が常識でした。現在でもほとんどの矯正歯科医では抜歯とされます。当院では、第三大臼歯(親知らず)を抜くことはあっても、スペース不足が10mm程度であればほとんど抜くことはなくなりました。
抜かずに治療するためには、大原則として下顎犬歯の配列の幅を変えないように治療しなくては安定しません。それができるのはアンカースクリューによる臼歯の遠心移動が必須と考えています。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除