れいさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

後戻り

前歯の部分矯正をしたものです。
ブラケットを装着した矯正は4ヶ月間で、その後リテーナーを装着して11ヶ月になります。
何度かリテーナーが割れて、数回交換しているのですが・・・徐々にリテーナーの前歯部分が数ミリですが後戻りしているように見えます。
初回時のリテーナーを作成してもらい、またそちらを使用すれば少し違うものでしょうか?
数ミリのズレが気になります。ご回答お願いします。

れい様

お困りですね。その短期間で後戻りがおきる事には違和感を感じます。

実は私どもの診療所で現在通っていただいている患者様には部分矯正の患者様は一人もいません。過去には数例だけ行った経験があります。また今後も本当に部分的な矯正で治ると診断できる治療が容易な症例に限り行いますが、ほとんどないのが現状です。

理由は歯は連続して歯列を形成しています。その不正咬合を作った原因はどこにあるのでしょうか?前歯をほんの数か月排列しただけですと後戻りは起きやすいです。拝見していないのではっきりとは言えませんが本格的な矯正治療をおこなう症例だったのかもしれませんね。

四か月と言うことは正直に記載させていただくと、ただ歯を前に少し出しながら前歯を並べただけですね。これだと後戻りは必至かと思います。現在はどんなタイプのリテーナを使用していますか?記載されている内容から取り外しの物を使用しているようですね。一つ疑問ですが後戻りが非常に早く起きています。その期間、矯正歯科医のアドバイス通りの時間リテーナを装着していましたか?していたとすると本当に後戻りしやすい歯並びです。それならば固定式の保定装置をしてもらうのがもっとも後戻りを防げます。

固定式保定装置というのは歯の裏側に歯形からあらかじめ曲げておいた細いワイヤーをブラケットを接着していた接着剤でつけます。中々とれないものです。これを装着している間は後戻りは起きません。ただし一生装着しておくわけにもいきませんから最終的には取り外しのできる装置にかえます。また装着している間は装置に歯石などがつきやすくなります。定期的にクリーニングしてもらう必要があります。

部分矯正ですから歯を抜いたりしていませんね。非抜歯(歯を抜いていない)場合は後戻りが起きやすいです。それは不正咬合を形成したメンバーが全員そこに残っているからだと思っていただければわかりやすいかもしれません。前歯は噛んでいますか?部分矯正は入り口はとても入りやすいです。料金も安いし、期間も短いです。もちろんそれができるぐらい簡単な症状なら私どもも部分矯正で治療しましょうと提案します。

私どもの診療所では率として1%いません。やはり奥歯を含めきちっとした治療をした方がよかったのではないでしょうか?まずは今通われている医院で固定式の保定装置で後戻りを止めることができないか?聞いて見てください。先生も何とか後戻りは防ぎたいはずですよ。

アドバイスになればよいと思います。もしこのコーナを見ていただいて部分矯正をお考えの皆様には参考にしていただけると幸いです。
部分矯正が可能かどうかは矯正歯科医の判断になります。歯を動かした後に安定するか?これが矯正歯科医の診断になります。戻ってしまったら何をしたかわかりません。矯正治療は歯を動かして終わりではありません。保定(一定期間動かした位置に歯をとどめる)が終了して安定した事を確認して終わりになります。まだれい様は治療中です。
はじめまして。アーティスティックスマイルクリニックの院長、小川です。お問い合わせありがとうございます。文章からだけの判断になりますので正確ではありませんがお答させて頂きます。

リテーナーの形や素材には種類があります。どんな形のリテーナーを使っているのでしょうか。

又、毎回歯型を取りなおしているのでしょうか。私はきちんと使っている患者さんの場合は破損や紛失時も歯型を取りなおさず初回の歯型を再利用し同じリテーナーを作るようにしています。そうすればずっと同じ歯並びでいることができるからです。

どのような形のリテーナーだとしても、リテーナーを以前のものと比べた時にすでに後戻りしていることが視診で確認できるほどであれば、ただ作り直すだけでは装置除去直後の歯並びに戻すのは難しいように思います。

しかしリテーナーでも工夫次第で歯を少し動かすこともできますので、「ただ以前と同じものを作り直す」のではなく、担当医にそういった細工をしてもらえないか相談してみてはいかがでしょうか。

あまりお力になれずすみません。もし引き続き質問等あれば遠慮なくどうぞ。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除