ゆずきさんの相談

カテゴリ:抜歯治療との違い

抜歯か非抜歯か

今年、矯正を開始しようと思っており、検査などを済ませました。

前歯が出っ歯であり、さらにソセイという状態だそうです。
先生曰く、私の顎のアーチがV型様なので、アーチを広めつつ歯を少しずつ削る事で非抜歯で治療ができる、しかし、データを分析するとEラインより少し出てしまうという事です。
抜歯でする方が出っ歯を直せ、Eラインを実現できると言われました。

私の場合は丁度ボーダーラインだそうです。。。

非抜歯でする場合は1年程度で終わるので非抜歯が良いのですが、
ボーダーラインの人は抜歯を行った方がいいのでしょうか?

今は前方から見える歯のガタガタに目が向いており、Eラインは気にしていないのですが
ガタガタが直るにつれ、次は出っ歯が気になるのかな。。。と思ったり。
なかなか決断ができなくて、矯正装着が延びています。

どなたか助言をよろしくお願い致します。

ゆずさん初めまして、梅田リンガルの谷木と申します。
さっそくですが、抜歯しての矯正と非抜歯での矯正を迷われているということですね。私の医院にも抜歯と非抜歯で悩まれる患者様が多くいらっしゃいます。
口元の形態はただ単にEラインに合わせればいいというわけではなく、好みの問題や唇の厚みや下あごの位置などの個人差を考慮に入れなければなりません。平均値のライン上に唇が合っても、もう少し口元を下げたいとご希望される場合や、逆にシワが目立ってきそうだという理由からあえて口元を残すという場合もあります。やはりご自分が一番気になっているところが口元の突出感であれば抜歯でしっかりと口元を下げてあげる治療を選んでいただき、それ程口元が気になっていないなら非抜歯での治療を選択されるといいのかなと思います。最後に、もし非抜歯での矯正を選択されて結果的に口元をもう少し下げたいとなった場合にはインプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)について相談されてもいいかもしれません。今通われている矯正歯科医院に矯正用インプラントの取り扱いがあれば、非抜歯でもある程度口元を下げることは可能です。矯正治療頑張ってくださいね。
はじめましてゆずきさん。銀座矯正歯科の深沢と申します。
ご相談内容拝見致しました。

ゆずきさんがEラインを気にされていないのでしたら今の結果を納得できるかどうかという事ですね。

抜歯か非抜歯かが問題ではなく、ゆずきさんがどういった治療結果にしたいかが問題です。
ゆずきさんがEラインを実現したいと思われ、それが可能なケースでしたらEラインを実現できる治療計画を立ててもらえば良いのです。
歯を抜かなくても全体的に歯列を後方へ動かせば抜歯と同様の結果が得られますので、非抜歯でもEラインは実現可能です。
抜歯にこだわる必要はありません。

ゆずきさんがどういった治療結果を望まれているのか御考えの上担当の先生にご相談されてみてくださいね。
ゆずき 様

迷うところですね。

抜歯しないと口もとが下がらないのは事実です。上下顎前突という新しい不正咬合になる事もあります。

ゆずき様が横顔を気になさるようでしたら抜歯を勧めます。少しづつ削るのでは口もとを下げるのは無理だと思います。

ここはゆずき様の判断によります。
ゆずきさん、こんにちは。京都 くす矯正歯科 楠 です。
難しいお話ですね。これはゆずきさんがどういういう口元で治療を終了したいかということになってくると思います。Eラインなどはあくまで目安であって絶対そうでないといけないというものではないので。
何よりもご自身の口元を大きく後退させたいのか、どうかだと考えます。
言えるのは今一時の気持ちで考えるのではなく、数十年後も想像されたうえで、主治医の先生とよく相談を重ねてください。
ゆずきさん、はじめまして。さわだ矯正歯科クリニック澤田です。結論からいいますと抜かずに出っ歯とガタガタ(そうせい叢生)を同時に治して口元を引っ込めることは可能です。アンカースクリューを上下に植立して、すべての歯を後方に移動することができるようになりました。ボーダーラインケースなら十分可能です。アンカースクリューがない時代は抜かずに口元を引っ込めることは不可能でしたが現在は可能です。しかしながら、まだ賛否両論がありアンカースクリューをされていない先生も多数おられます。当院ではそれで抜かなかったケースが多数ありますが、術後も安定しています。歯を細く削ることは必要です。どちらにせよ大人では並べた後スキマが歯ぐきと歯の間にできます。ブラックトライアングルといいますが、これを少なくできます。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除