DKさんの相談

カテゴリ:装置、治療法

外科手術を伴う矯正について

現在歯列矯正を考えているのですが、初診相談に行った所、大学病院の方で外科手術を伴う矯正方法をすすめられました。他の専門医の方にも相談しましたが、同意見でしたのでその方法で考えているのですが、手術を伴う矯正は保険が適用する為、金属の装置以外は使用出来ないとの事でした。

金額的にも保険適用出来るのに越したことはありませんが、やはり保険適用内で金属装置以外での治療は不可能でしょうか?

回答の程、お待ちしております。

読ませて頂きました。

確かに保険の範囲では金属です。保険の適応と言う事は健康を考えてのことです。審美的な事は考えていません。

しかし、私どもは実は白いブラケットを使っています。白いブラケットを使用するか?どうか?はその矯正歯科医院の考えなんです。私どもはすでに前歯のブラケットに金属のブラケットを使用していません。正直少し持ち出しにはなりますが、保険外の患者様が使用しているのと同じ物を使用しています。矯正歯科医が持ち出しでよいと決めていればそうっいった例もあるはずです。探して見たらどうですか?今更金属のブラケットは前歯には着けられません。私どもは金属製のブラケットは使用していません。

保険から外れてよければ高額にはなりますが、リンガルブラケット(裏側矯正)でも外科矯正を行っています。この場合は混合診療が認められていませんからすべて保険から外れてしまいますが、見えずにできます。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除