しゃんこさんの相談

カテゴリ:抜歯治療との違い

削るか抜くか矯正の仕上がりについて

矯正についてセカンドオピニオンを聞きたいと思いご相談させていただきます。
矯正は上顎の出っ歯を治したいと思い通い始めたのがきっかけです。現在開始から1年2ヶ月ほど経過しています。最近矯正の先生が変わり、前の先生の時は上顎2本抜歯をし、下顎は齧歯があるため左側の1本のみ抜く予定でした。先に上顎は抜歯済みでその隙間はもうほとんどなく、出っ歯だった前歯は引っ込み今は所々下の歯が前に出る部分があり少し受け口気味の状態です。
今後の矯正方法について、下顎は抜歯か削るかの2つの方法があることを言われました。そのまま抜歯をし隙間を埋める方法では、期間は2年半〜3年、4本目は隙間を埋めるとなると少し幅が大きいので埋めても少し隙間が残る可能性があるとの事でした。ただ削るよりは受け口気味の下の歯は引っ込むようです。
削る方法は期間は1年半〜2年、抜くよりも早く済みますが抜歯の場合と比べると下の歯はそこまで引っ込まないとの事です。ただ抜かなくて済むので今後の歯のことを考えると健康な歯を抜くよりは、非抜歯でやるのもありですとのご提案をいただきました。
結局隙間が残るなら削る方法で早く終わる方がいいという気持ちと、反対にそこまで仕上がりに差がないのであれば時間はかかってもEラインを多少とも綺麗になるよう抜歯してしてやりたいという気持ちの狭間でとても悩んでいます。抜歯と非抜歯ではやはり仕上がりの差は大きいのでしょうか?

※一部内容を修正・割愛いたしました(運営部)

読ませて頂きました。

先生が替わられて治療方針がかわったと言う事ですね。おそらく月に一度、あるいは毎週非常勤の先生が来る一般の歯科医院でしょうか?よくそういった事はるようです。

文面から察するに下の前歯にも多少はでこぼこがあったのではないでしょうか?そのでこぼこを抜かずに排列したら下の前歯も前に傾斜してしまった。そこで少し受け口のような噛み合わせになった。抜くには今更と言った所もあるように感じます。

難しい所ですね。大きな変化を望まれるなら抜く事をお勧めします。エナメル質の範囲内だけ削るとそれほど大きな変化は望めません。

決定的なアドバイスはできません。治療期間の事もありますが、しゃんこ様が将来後悔しないか?と自問してみてください。後悔しない方法を選んで頂くしかないとしか言えません。

的確なアドバイスが出来ずにすみませんでした。
治療が成功する事を祈っています。
しゃんこ様はじめまして!さわだ矯正歯科桂の澤田大介です。
下の歯を削る場合は1本あたり0.3~0.5mm程度ですので3〜5mmのスペスができます。一方抜く場合は抜く歯によりますが小臼歯の場合は7〜8mmの幅ですのでスペースは7〜8mmできます。引っ込む度合いはその半分のミリ数です。すなわち、下顎前歯の引っ込む量は1.5~2.5mmあるい3.5~4mmと言えます。それに応じて口唇も引っ込みますがさらにその半分程度が口唇の引っ込む量です。すなわち、1mm程度か2mm程度かです。また、両方行えば3mm程度引っ込むと言えますが上との噛み合わせも関係しますのではっきりとは言えません。一方,最近はアンカースクリューによる矯正を行うことである程度後退させる量が増やせるようになりました。場合によってはアンカースクリューのみで抜かずに上下ともに引っ込めることもできます。ですがまだどの医院でもしている治療ではありません。一度ご相談ください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除