ひよりんさんの相談

カテゴリ:抜歯について

犬歯を前歯に…

こんにちは。
歯医者と矯正の先生の板挟みになり困っています。
現在27歳ですが、9歳の時に右の2番の歯をぶつけてしまいその時は神経を抜いて処置をしたのですが、2番の歯が原因で中に膿が溜まり歯茎が腫れてしまい歯医者に行った所、2番を抜歯してインプラントかブリッジをかけて全体的に矯正治療をする事をススメられました。
インプラントやブリッジには抵抗がありましたが、元々噛み合わせが悪く、歯並びも悪い状態で悩んではいたので、今回の事で矯正をする事を決意しました。
矯正歯科に足を運んだ所、インプラントやブリッジではなく、2番を抜歯した後、隣の犬歯を2番にもってきて小臼歯を犬歯の変わりにする方向で進めて行きましょう。と言われ、私にとってはとてもいいものに聞こえました。
インプラントやブリッジを使って家族が歯を失ってるのを間近で見ているので、どうしても抵抗があるのです。
実際治療を進めるのにあたり、右下の小臼歯、左下の小臼歯、左上の小臼歯、問題の右2番の歯を抜歯してくださいと言われ、矯正の先生から渡された書類を持ち、かかりつけの歯医者へ言った所、こんな治療方針はない!と一言。
犬歯は犬歯の位置にないといけない。抵抗があるかもしれないが、インプラントかブリッジをつけるべき。この方法は好ましくない。と抗議の手紙を書いて矯正歯科の先生に送ったのです。
ただ、抜歯する4本に関しては問題はないので、抜歯は進めますと現在右下の小臼歯は抜いた所です。
抜歯もしたので、もう矯正をやめるという選択肢が絶たれてしまい、しかし、板挟みになりこの先不安しかありません。
2番の歯はもう残す事ができないぐらいの状況です。犬歯を前歯にする事はそんなにいけない事なんでしょうか?
皆様の意見、お聞かせ願いたいです。

読ませて頂きました。

私は矯正歯科の先生の意見に賛成です。しかし、私もそういった経験はあります。咬合、噛み合わせに理想論を強くもたれている先生にはそういった意見があります。これも重要な事だと思いますが、現状を考えると矯正歯科医の診断が正しいと思います。成人矯正の場合ですが、現状にある状態、平易な言葉で言えばその材料で考えられる最もよい状態を作ると言う事になります。その理想論を当てはめるにはブリッジやインプラントが必要になる。これが理想でしょうか?私の経験ではこういった矯正治療を行って不具合が起きた事はありません。ただし私の経験の範囲内です。よく矯正歯科医と話し会ってください。その先生も困っているかもしれません。

治療が成功する事を祈っています。
御相談内容拝見いたしました。

矯正の先生に別の一般歯科医を紹介してもらい、かかりつけ医を変更されることをお勧めいたします。
世の中の相当数の人が理想的な歯並びではないはずです。
犬歯が正しい位置にない人など数え切れない位います。
だからといって、その方がどうにかなることなどありません。

現実に2番目の歯が保存できないのでしたら、素直にその事実を受け入れて対応することが大事です。
膿がたまっていた箇所にインプラントを打つことがベストな選択とは思えませんし、ブリッジを入れるために周囲の歯を削るのは最終手段だと思います。
矯正治療のみで対応できればそれが最善だと思います。

上記の治療方針は二者択一ではなく、片方は特殊な考え方だと思います。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除