ラムさんの相談

カテゴリ:抜歯治療との違い

非抜歯のアンカースクリュー矯正

歯科矯正を初めて7ヶ月立ちました。
eラインを作るために非抜歯でアンカースクリューを用いてやることになっています。今、やはり抜歯するか悩んでいます。自分が矯正をしたのはeラインを作るのが目的です。
先生は
・アンカースクリューを使えば、非抜歯でもeラインは作れるくらい口元は下げれる。
・抜歯は後からでもできる
・抜歯は健康な歯もったいないよ
と言っていました。

後から抜歯といっても治療期間は伸びますし、非抜歯で納得の成果がなかったら嫌です。
そこで質問ですが、
・非抜歯でもアンカースクリューを使えば口元は大きく下げられますか?
・eラインを作るために抜歯するのはおかしいですか?
・抜歯したほうが口元は下がりますか?
・非抜歯は戻りますか?

回答よろしくお願いします。

非抜歯と抜歯を比較すれば抜歯の方が移動量が多いのでもちろん前歯を後方へ移動できます。当然ですが抜歯空隙分は後方へ大きく下がります。

後戻りですが非抜歯の方がこれも戻りやすいです。今の不正咬合を作っているメンバーがすべて残っている事をお考えください。矯正治療後にしっかりとした保定が必要になります。

ただし、治療される矯正歯科医が直接ラム様のお顔、横顔を見て可能だと言っていると言う事を信じてもよいと思います。私が記載しました事は一般論です。治療中にもしっかりと自分の気持ちを伝える事が重要です。

治療が成功する事を祈っています。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除