K.Sさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

第2小臼歯抜歯スペースを埋める

この間、上の右の第二小臼歯が歯列から完全に外れて生えました。歯医者さんに「虫歯になる可能性がある」と言われたので抜歯しました。
その後、定期検診のため、同じ歯医者さんのところを伺いました。すると、思いがけないことを言われたのです。「この間、抜歯した第2小臼歯は、治せることは可能だったんだけど、費用と時間がかかるから、抜歯したんだよ。」。ショックでした……。
いまのところ噛み合わせに問題はないのですが、そこだけ第二小臼歯がないのはわずらわしいので、いっそのこと、全部の第二小臼歯を抜歯して、歯を前にずらして、顎の拡大をし、まだ生えていないのですが今のところまっすぐ顎に埋まっている親知らず4本で噛み合わせを整えようとおもいます。親知らずはスペースがあれば生えてくると聞きました。
どう思いますか?回答の方、宜しくお願い致します。

※一部内容を修正・割愛いたしました(運営部)

読ませていただきました。

状況がどうだったか?わかりませんが、記載されている内容のやり取りからすると少し軽率な感じを受けます。しかし、おそらく手前の第一小臼歯、第一大臼歯との三歯で三角形の空隙ができてしまい、そこがブラッシングできずに不潔になるために第一小臼歯、第一大臼歯を守るための予防処置を行ったと考えられます。

右だけ第二小臼歯がブロックアウトされているということですが、上顎の正中線はお顔の真ん中に合っていますか?片側だけ1歯ブロックアウトされていると正中線が合っていないのが普通です。もし正中線が合わないのを気にしているのなら矯正治療する必要があります。いかがでしょうか?
K.Sさん、はじめまして。色んな考え方や治療方法をお尋ねになってください。安易に抜歯はしないようにして下さい。現時点では放っておくと上下の咬合関係や審美的に正中線のズレが徐々に影響してくる可能性があるかもしれません。よって、歯列矯正をする必要はあると思います。残りの小臼歯を抜歯する方法もありますが、もしそれ以外なら、本来の正しい歯列(顎を拡大)に上下矯正治療を行い、抜歯してしまった歯の所に1本分のスペースをつくり欠損補綴治療という方法もあります。しかしながら、歯を削るリスクを避けたい場合は、最近ではインプラント補綴という方法もあります。出来るだけ抜歯矯正治療によるリスクを回避する方法としての選択肢です。
K.Sさん、はじめまして、京都市 くす矯正歯科 楠 です。
お口の中を診察させていただいてないので正確なことはお話できませんが、親知らずがない方もおられますし、あっても利用できない角度で埋まっているものもあります。
おっしゃられている方法が可能な場合もまれにあります。
まずはお近くの矯正歯科にご相談ください。
私ならば小臼歯は三本でも残します。なくなった場所の奥の親知らずを活用して全体を整えることは賛成です。下の奥を寄せ切るのはなかなか難しいため若いうちがよいです。また、アンカースクリューを利用して前に引っ張ることをお勧めします



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除