22さんの相談

カテゴリ:効果

出っ歯に関する矯正

  • 投稿者 22 さん [26才 女性 学生] 2017/10/06/ 10:07
  • カテゴリー 歯列矯正 効果 治療前
  • お悩みの歯 上あご右1番 上あご左1番

現在、某歯科クリニックにて成人矯正する為の検査予約を入れています。今回は、小児の頃にやった歯列矯正の後戻りを治すことが治療の目的です。小児矯正は某歯科でやっていましたが、私がリテーナーを疎かにしていた為戻ってしまいました。特に上前歯2本が唇側に8伉出っ張って口が閉じられない等日常生活に支障をきたしています。
他の歯科クリニックで矯正検査を受けたことがあるのですが、上の前歯2本の歯根が他の歯の半分しかない(前歯の歯露出部1:歯根1の割合)から治療できないし他の歯科でも受け入れてくれないとまで言われました。私個人としては、上記の状態でリスクがありつつも絶対に矯正をしたいのですがやはり治療自体断られる場合が多いのでしょうか?
ネットではそのように書かれていますが…

※相談室では、特定の歯科医院のご紹介はできかねますこと予めご了承ください。(運営部)

こんにちは
治療自体断られることは頻繁にあります

どうしても治療がしたい場合は、
治療中に歯が抜けてしまう可能性があると説明を受け同意すれば
治療可能と思います。

がんばってください
  • 22(26歳 女性 学生 )
  • 2017年10月07日11時00分
大変よくわかりました。ありがとうございます。
御相談内容拝見いたしました。

上の前歯2本の歯根が他の歯の半分しかないという診断の根拠はなんでしょうか?
パントモという全部の歯が長方形の画面に写っているレントゲン写真での診断ではないでしょうか?
口が閉じれないほど歯が前に傾いているのでしたら、パントモでは歯根が短くみえるのは当然です。
例えば割り箸を目の前にもって見てください。
傾ければ短く見えませんか?
それと同じ状態です。

本当に短いかどうかはCTを撮影すればすぐに判別できます。

  • 22(26歳 女性 学生 )
  • 2017年10月07日11時17分
診断は、そのパントモと呼ばれるレントゲンから判断されたものだと思います。正面と右横顔から撮られたレントゲンを、歯科医師と私が同席し見ながら結果を聞く形でした。CTだと前歯の歯根まではっきり映るのでしょうか?CTでは具体的にどのように像が映り、レントゲンとはどのように違うのでしょうか?
因みに上記のレントゲンでは、私から見ると、前歯の歯根の根元部分が映っているか映っていないかよくわからないものでした。
CT画像を3次元構築すると、実際の歯の形を3次元的にどの角度からでも確認できます。

歯科医師からの説明は不要で、患者さん自身がはっきりと状態を認識できます。

是非、CTによる診断をお勧めいたします。



  • 22(26歳 女性 学生 )
  • 2017年10月07日16時13分
わかりました。是非、試してみます。アドバイスありがとうございました。
読ませていただきました。

歯冠と歯根の比率が1対1だという事ですね。これは歯根の状態によります。歯根吸収と言って歯が短くなったのか?元々短根歯だったのか?によります。中切歯はどちらも考えられます。

現在の歯根が太くてイメージとして“どんぐり”のような太くて短い歯根ならそれほど心配は要りません。それ以上進行するという事が考えられません。元々短い歯根だったという事です。歯根も太いのでこういった場合は新たに歯根が短くなることは考えられません。

そうではない場合、それは歯根がレントゲン画像で細くて脆弱な感じに見える場合は心配です。

どちらにしても短根歯の場合は力を弱くしてゆっくりと動かしてくる必要があります。

治療が成功する事を祈っています。
  • 22(26歳 女性 学生 )
  • 2017年10月07日11時37分
歯科医師と同席した形でレントゲンを見ました。医師の言う歯根の部分を見ると、私からはドングリもしくは寸胴のような太い幅のある短いものに見えました。歯根の根元(歯根の上半分)は映っているかいないかよくわからない像でした。ただ、まっすぐ何かで切った様な線より下から下半分の歯根が映っていました。
歯根が太い場合だと、短くなりにくいのにはどのような理由とメカニズムがあるのでしょうか?
歯根が太くて短いというのは中切歯ではよくあります。

矯正治療により新たに歯根吸収が起きるには歯根の表面から起きます。内部から起きるのではなく外表から起きます。

そこで歯根吸収の理由は大きく3つに分けます。強い矯正力と硬い構造物にぶつかった場合、そして歯根の形態がもともと細く脆弱な場合です。それ以外にもあるかもしれません。

歯根の吸収が起きてさらに短くなるには、その太い歯根が吸収によって消失しなければなりません。太い歯根がレントゲン写真上で消えて見えなくなる理由はこれです。

説明がわかりにくて申し訳ありません。太くて短い歯根の場合は私なら矯正治療を行います。もちろん注意して行います。

治療が成功する事を祈っています。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除