かみ合わせ 装置(東京都 40歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:かみ合わせ 装置

ファンクショナルアブライアンスという装置とは、どういった装置ですか?
 子供の矯正のことで質問します。
矯正を始めて、半年が経過し、装置が新しくなりました。
ファンクショナルアブライアンスという装置だそうです。
この装置を付けて、口を閉じているように言われました。
装置を付け始めて、まだ3日日ほどですが、子供が、新しい装置になってから、歯と歯が重ならなくなったと言い出しました。奥歯がかみ合わせれなくなったという意味だと思います。
装置の歯に当たる部分が上下とともでっぱている部分があり(ゴムのような柔らかい)、その分、つけていても歯が離れたようになっているといいます。
装置を付けているときは、この出っ張った部分のせいで噛めないのはわかるのですが、装置をはずして1時間以上たった時に言い出したので、気になってしまいました。
しっかり噛むことで治るものなのか、それとも装置が変わったことによって口の中が一時的におかしくなっているだけなのでしょうか。

今までは下あごのみ拡大矯正しておりましたが、矯正開始当初に、口が開けれないとか、「イー」とかみ合わせることが出来ないということがありました。今回もその時と同様で一時的なものなのでしょうか。

[東京都 40歳 女性 主婦]

かみ合わせ 装置

ファンクショナルアプライアンス(機能的矯正装置)、とのことですが、これにはいくつかのタイプがあり、ご質問の内容だけではなんともお答えできない部分もありますことをお含みおき下さい。
このタイプの装置は顎の位置を装置によって強制的に変えることで咬む筋肉の力に活性を与えるのが目的です。時間がたって「咬みにくい」状態になっているのは、顎が新しい位置に適応しようとしていることの現れで、自然なことだと思います。まだ使い始めて3日め、とのことですので、このままお使いいただいて問題ないと思います。これからの治療過程でさまざまな調整を加えて、よい状態ができていきます。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です