抜歯と非抜歯矯正 効果(千葉県 34歳 女性 その他のQ &A)

カテゴリ:抜歯と非抜歯矯正 効果

八重歯の治療を考えています。
2番の歯を抜いて、左右3本ずつ、または前歯6本のブリッジで治療をするか、それとも時間はかかりますが、矯正で治療するか悩んでいます。
かなり真剣に八重歯の治療を考えています。
出来るだけ早く治療を始めたいです。

私は2番の歯(真ん中から2番目の歯)が内側にかなりひっこんでいて、特に左側は隙間もせまいです。左右共に3番が大きく前に出ています。

いくつかの歯科(審美歯科等)に相談した所、2番の歯を抜いて、左右3本ずつ、または前歯6本のブリッジで治療をする方法をいわれました。

しかし、歯を抜いて、差し歯の上に歯茎が乗っかっている状態のブリッジは、食べ物がつまったり、今後の歯茎の影響、そしてブリッジを支えている一本に問題出たときの、のメンテナンス等を考えると、なかなか決心出来ません。

しかし、矯正は時間がかかるのと、もとの前歯が何本か治療済みのため、歯並びが綺麗になっても、結局何本か差し歯にしなくてはならないのではないかとおもうと、いろいろ悩んでしまい、決めかねている状態です。

ブリッジを使用せず、一本ずつの差し歯で、なおかつ今後の噛み合わせ、歯の健康等を考慮した方法はないのでしょうか?

[千葉県 34歳 女性 その他]

抜歯と非抜歯矯正 効果

単純に見た目の歯並びを整える目的であれば、ご指摘のとおりブリッジや歯冠形態を変えるために差し歯を入れる方法があります。

ただし、差し歯や、歯に人工歯を被せて歯並びを治療する方法は、歯の根の位置を変えられず、歯の大きさのスペースが足りない状況は同じままですから、途中の歯を抜いたり、歯の頭だけを無理に合わせざるおえません。
 
これに対し矯正歯科治療は、歯の根から歯を動かし、歯列や咬み合せを整える治療ですから基本的には歯を削ったり差し歯にいたしません。
このため、将来的にお口の健康を保つために非常に有利といわれています。

期間的にはご自身の歯の根を動かしますので、ある程度長期にわたるのが一般的です。
ただ個人個人で症状は違うため、治療計画や治療方針はケースバイケースなので一度矯正専門医院に相談されるとよいと思います。

矯正治療後の差し歯の件は、歯の治療全般に対しても同様ですが、歯の根からの位置が変わっていますので、自然とした良好な歯を入れたりむし歯の治療が出来るのも矯正治療のメリットです。





クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です