その他 アフターケア(青森県 18歳 女性 学生のQ &A)

カテゴリ:その他 アフターケア

前歯にある1mm程度の隙間を直したいのですが、全体的な矯正か、セラミックを被せる方法か、またはそのほかの方法かで迷っています。
私は、前歯の間に1mm程の隙間が生まれつきありまして、どうしても 審美的に気になっています。地元の矯正歯科に2件相談に行ったところ、単なる隙間ではなく、過蓋咬合と診断されました。下の歯が上に生えすぎているため、それで上の前歯を押し広げているということです。
全体の矯正を勧められました。その一方、セラミックを被せる方法もあるといわれました。ご自分で判断して下さいという話でしたが、私は、昔から顎関節症でして、おそらく過蓋咬合が原因ではないかと思っています。そういう理由から、ちゃんと全体の矯正に踏み切ったほうがいいのではないかと思うのですが、かなりの長期にわたること、金銭面を考えると、どうしても考えてしまいます。ネットでいろいろ調べたところ、削らなくても隙間を埋められる、レジンラミネートという方法があるのを発見しました。しかし、レジンラミネートで治療し、年月がたって、もし後からやっぱり全体の矯正をしたいということになったら、やり直しがきく・・・のでしょうか?ご回答、お手数ですがよろしくお願いします。

[青森県 18歳 女性 学生]

その他 アフターケア

ご相談の件ですが治療費優先で検討されているようですがラミネートベニヤ治療も矯正治療同様保険適用でない事はご存知でしょうか。
ベニヤで何本治療するかによって治療費は変わりますが歯並び全体が気になっているようでしたら矯正治療をお勧めいたします。真ん中の1ミリの隙間のみ気にされてるのでしたらラミネートでの治療も一つの方法かと思います。
ただし、顎関節症と歯並びとの因果関係は必ずしも一致しませんので顎関節症は顎関節症の専門医にきちんと診査診断されてから矯正治療を開始することですね。
確かに矯正治療は高額な治療費がかかりますがほとんどの歯科医院で分割での支払いは可能かと思いますので再検討されたらいかがでしょう。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です