(岐阜県 28歳 女性 その他のQ &A)

カテゴリ:

2002年から矯正を始め、2005年に装置をはずし、後戻り防止装置に切り替えました。もうすぐ治療を終えるといわれていますが、いまだに歯が戻る力がすごいのか、かみ合わせもばらばら、歯茎も落ち、毎日歯が痛くてなりません。
2002年から矯正を始め、装置をつけていました。矯正を始めたきっかけは、舌が大きく、舌癖もあり、下の歯を前に押し出していたため、下の歯が前に倒れて出てきて、歯茎が落ち、痛かったためです。
2005年に装置をはずし、後戻り防止装置に切り替えました。もうすぐ治療を終えるといわれていますが、いまだに歯が戻る力がすごいのか、かみ合わせもばらばら、歯茎も落ち、毎日歯が痛くてなりません。
今現在の歯医者では、「下癖を直さない限り、後戻りはする。」といわれています。でも、大金をかけて矯正に踏み切ったのに、歯が痛くなかった期間は最初の装置をはずして少しの間だけでした。あっという間に元に戻ってしまって納得いきません。歯医者を変えてもう一度一から矯正をしたほうがいいのでしょうか?どちらにしろ、歯は動いて元に戻ってきているし、痛いので、このままでは終わりたくない・・・どうしたらいいのですか?

[岐阜県 28歳 女性 その他]

矯正治療後の後戻りについてのお悩みですね。まずこの後戻りの原因を確認して頂く事が大切です。その為に何件かの矯正専門医に行きセカンドオピニオンを聞いてみたらいかがでしょうか?仮に舌が大きく、舌癖が極端にある場合は、舌癖を治さず再治療を受けても同じ結果になるだけです。何件か相談に行き、舌癖の強さや治し方、舌の大きさに対してどうするか、矯正再治療の予測できる治療期間と料金などを聞いた上で、再治療を行うかや病院を変えるかなどを決めて下さい。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です