(千葉県 19歳 女性 学生のQ &A)

カテゴリ:

矯正をして三年近くが経ちます。
しかし、以前に比べ、前歯で歯と歯の間の歯肉が減退し隙間がかなり大きくなってしまいました。私は以前から歯の掃除のために、毎日自分で好きな長さにカットするタイプのフロスを使い続けてきたのですが、(歯肉に負担がかからないように気をつけてきました)フロスを、しかも毎日使うのって、歯や歯肉には悪いのでしょうか?
矯正をして三年近くが経ちます。
しかし、以前に比べ、前歯で歯と歯の間の歯肉が減退し隙間がかなり大きくなってしまいました。私は以前から歯の掃除のために、毎日自分で好きな長さにカットするタイプのフロスを使い続けてきたのですが、(歯肉に負担がかからないように気をつけてきました)フロスを、しかも毎日使うのって、歯や歯肉には悪いのでしょうか?

[千葉県 19歳 女性 学生]

歯と歯の間の隙間が気になるとのことですが、元々の歯並びがデコボコが多く、歯と歯の間が詰まった感じの歯並びで矯正治療を行った場合、ブラックトライアングルと言われる黒い三角形の隙間ができることがあります。これは元々の歯並びの時点での歯と歯の間の骨の量に起因するもので、成人の矯正治療では時々起こることです。骨の量は生まれ持ったものなので増やすことはできません。この隙間自体はむしろ十分な歯の清掃ができている証拠ですので健康上問題は有りません。ただ、見た目上気になるとゆうことでしたら、歯の膨らみの形を削って調節したり場合によっては歯の形をプラスチックで調節し、隙間を埋める事も考えられます。その処置は担当医の考え方、噛み合わせの状態により異なりますので、一度担当医にご相談ください。また、フロスについてですが、歯の清掃に毎日フロスを使っているとの事ですが、非常に良い事です。どうしても歯ブラシだけでは取りきれない汚れも有りますので、フロスを使う事は理想的で、むしろ必要以上に隙間が大きくなる事を防いでいると考えられます。フロスの方は継続していただき、隙間の方は気になるようでしたら、担当医にご相談になってみて下さい。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です