(京都府 40歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:

下の奥歯(両方)を虫歯の治療で抜かれ現在片側の親知らずしか残っていません。そんな状態でも矯正は出来るのでしょうか?受け口の場合は保険が適用されると知ったのですが、保険が適用されるブラケットとしてはメタルの目立つ物でしか出来ないとの事だったのですが。
受け口で数年前に矯正&外科手術を試みようとしましたが断念を致しました。今の時点でやはり矯正をしようと思い直しましたが、その間に下の奥歯(両方)を虫歯の治療で抜かれ現在片側の親知らずしか残っていません。そんな状態でも矯正は出来るのでしょうか?
それと以前矯正をしようと思った時に色々と調べていましたら、受け口の場合は保険が適用されると知ったのですが、保険が適用されるブラケットとしては従来からあるメタル?の目立つ物でしか出来ないとの事(裏側からの矯正やセラミックは不可)だったのですが現在もそうなのでしょうか?

[京都府 40歳 女性 主婦]

奥歯がないのに治療が出来るかと言うことですが、実際お口の中診ていませんので正確なことは言えませんが、治療する上で、奥歯がないのはハンデになりますが、治療は出来ると思います。ただ治療方針に変更が必要となるでしょう。
外科矯正でのブラケットの種類は何が使えるかと言いますとやはり、表側のメタルブラケットのみになります。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です