(東京都 16歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:

銀色の装置は抵抗があるので透明な装置にしてほしいんですが、頼めば誰で出来るんですか?透明なものは銀色のものより高いんですか?
私はこれから抜歯をして矯正をするのですが、やっぱりあの銀色の装置には抵抗がすごくあります。
でも、透明のをしている人を見ました。私も出来れば透明のがいいのですが、それは、医院の方に頼めば
誰でも出来るんですか?それから、透明のは銀色のより高いですか?欠点はありますか?

[東京都 16歳 女性 会社員]

私もあの銀色の装置にはすごく抵抗を感じる一人です。
当病院では、前歯部に銀の装置装着は小さなお子様でもいたしません。
小さなお子様にも複雑な社会生活があると思います。大人や思春期の方ならば、なおさらです。
患者様の精神的な負担をすこしでも、軽減する努力をするべきだと思います。
基本的には、誰でも透明の器具は使用できます。
しかしながら前歯部に金属を使用される先生は、矯正器具の特性、費用の差から選ばれることが多いようです。
透明な矯正器具と 金属の材料費を比較した場合、金属が一般的には安いです。
病院によっては、透明な装置を装着する場合は金属の装置よりも、矯正費が高くなるところもあるようです。
透明な装置は大きな力を加えると、割れてしまったり、壊れてしまうこともあるので、治療は難しくなるという方も
いらっしゃいます。
金属の装置は治療期間が短くなるという方もいます。 私個人の意見ではそのような事はないと思います。

透明な装置と言いましてもその種類と特性は様々です。
セラミック、サファイア、ジルコニア、グラスファイバー、プラスティック、ハイドロキシアパタイトなど。
最近は金属より安いものも登場してきました。

前歯部に金属の装置装着がどうしてもつらいと言う事ならば、 やはり勇気を振り絞って
先生にお話してみてはいかがですか?
装置の選択、治療方針は先生の考え方、治療哲学が反映しています。お互い納得して治療に望まれることが
良いと思います。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です