小児矯正 治療の開始時期(東京都 38歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:小児矯正 治療の開始時期

12歳の娘についてですが、歯が大きいため、犬歯が歯茎の奥にあり、片方の犬歯は、出ています。担当の先生から説明を受けたいくつかの治療方法について、どれを選択したらよいのか悩んでいます。
12歳の娘についてですが、歯が大きいため、犬歯が歯茎の奥にあり、片方の犬歯は出ています。他の歯に挟まれ2歯を抜いて出る様にするそうですが、もう片方は歯の奥にあり出れないので、やはり2歯を抜いて、犬歯を引っ張り出す装置を、口腔外科で歯茎を切って付けるのですが、もう一つの方法は、犬歯自体を、抜くという事、歯並びは犬歯意外問題はないのですが、犬歯の生え方がおかしいため、危険が伴う場合が...ふたつの方法、どちらが、一番いいのでしょうか?
子供の事だからこそ、悩んでいます。病院の先生は、子供の意思と親の意思で、どちらが最良とは、言ってくれません。

[東京都 38歳 女性 主婦]

小児矯正 治療の開始時期

ご質問の回答をいたしますが、実際のお口の中とレントゲン写真を拝見しないと詳しくはお答えできません。そこを踏まえてお読みください。まず2歯とは、2番目の歯(側切歯)のことでしょうか?もし側切歯を抜いて犬歯を引っ張るのか、埋もれている犬歯を抜くのか選択肢が2つなのであれば、それに追加して犬歯の後ろ4番目の歯(第一小臼歯)を抜くプランは?前歯を抜くのは審美的にも機能的にもお奨めできません。

さて本題ですが、その両者の決定は次の要素を考慮してお決めになるのが良いと考えます。
1.犬歯の位置深さなどにより、引っ張ってきた際歯茎が痩せるなどの危険性がないかどうか。
2.犬歯は確実に引っ張れるのか?骨と癒着していないかどうか。
3.時間的にどちらが早いかどうか。
4.手技的にどちらが簡便なのか。負担が少ないのはどちらなのか。
5.左右の対称性。審美的に最良な方法はどれなのか。

これらを今一度担当医に質問した上でお考えになって決めた方が良いです。確かに歯医者の立場として考えても埋伏歯(埋もれている歯)の抜歯や牽引の判断は難しい場合が多いです。最終的な決定は考えられる全ての方法の利点と欠点をご説明した上で患者さんに委ねることはあります。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です