(東京都 36歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:

「犬歯も前に出ているのでこのままだと顔がゆがんでしまうので矯正した方がいい。乳歯の時期から矯正が必要な唯一の例だ。」といわれました。やはり早くからはじめた方がいいのでしょうか。相談だけでも保険は適用されないのでしょうか。
3歳の娘のことでご相談致します。下の前歯が上のより出ているのですが、先日3歳児検診で「犬歯も前に出ているのでこのままだと顔がゆがんでしまうので矯正した方がいい。乳歯の時期から矯正が必要な唯一の例だ。」といわれました。
やはり早くからはじめた方がいいのでしょうか。また歯医者さんでは、相談だけでも保険は適用されないのでしょうか。

[東京都 36歳 女性 主婦]

3歳で乳前歯が反対の咬み合わせとのことですが、確かに成長期のお子さんの場合、前歯の反対咬合はその後の顎の成長発育に悪影響を及ぼす可能性が高いため、早めに治療を受けられた方がいいと思います。
しかしながら、実際に拝見してみないとはっきりしたことは申せませんが、個人的には3歳という年齢では以下の点で治療を始めるのはまだ若干早いのではと考えます。
・矯正装置を使っていただくご本人の協力が得られ難い。
・犬歯も反対の咬み合わせであることを考えると、上下の顎の成長のバランスが悪い可能性が高く、その場合の治療は下顎の成長発育がほぼ落ち着く高校生頃までかかることが多いので、あまり低年齢で始めると治療期間がその分長くなってしまう。

反対の咬み合わせの程度にもよりますが、小学校に入学して前歯が永久歯に交換する時期から治療を始められても遅くないのではと考えます。
ただ、矯正歯科医によって見解が異なるところだと思いますので、何人かの先生に意見を求められてはいかがでしょうか。

矯正歯科の場合、ご相談も保険外になります。相談料は、医院によって無料から数千円まで様々ですので、お電話でご予約を取られる際に確認していただくのがいいと思います。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です