(大阪府 9歳 男性 学生のQ &A)

カテゴリ:

生えてきた永久歯が大きく前歯(上)の隙間が開いて、その横の歯は少し下がり気味ではえてきています。隙間は爪楊枝がすっぽり入るぐらい間が開いていて矯正したほうが良いのでしょうか?
小学3年生の子供の事ですが、生えてきた永久歯が大きく前歯(上)の隙間が開いています。その横の歯は少し下がり気味ではえてきています。隙間は爪楊枝がすっぽり入るぐらい間が開いていて矯正したほうが良いのでしょうか?

[大阪府 9歳 男性 学生]

どのお子様でも上の前歯は開いて生えてきます。
しかしながら須賀井様の場合は二番目の前歯が内側から生えてきたということなので、自然に前歯の隙間が閉じることは難しいとおもいます。また、現代のお子様は前歯が大きく開いている場合は、前歯と前歯の間に余分な歯(過剰歯)が埋まっていることもあります。早めの矯正病院の受診をおすすめいたします。

子供の歯の生え方として前歯が開いて生えてきて、つぎに二番目の歯がそれに沿って生えてきます。
その後犬歯(三番目の歯)がその開いた歯の隙間を閉じるように押して生えてきます。
そうしてかみ合わせはできます。7.8.9.10歳のお子様の歯は犬歯萌出までは誰もが開いているので、この時期をUgly duckling stage(みにくいアヒルの子時期)と呼びます。ただし二番目の歯が内側に生えてしまうとその閉じる力が前歯に届きません。

お子様の矯正病院受診は早すぎるという事はございません。お子様の状態がわかっていてあえて観察のみを行うということと、受診せずにそのままにしておくのでは、その後の結果が大きく異なることがあります。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です