その他 医院選び・転院(岡山県 27歳 女性 その他のQ &A)

カテゴリ:その他 医院選び・転院

現在モントリオール(カナダ)で矯正治療中です。
装置をつけて2ヶ月が経ったところですが、3月から仕事の関係で半年間日本に帰ることになりました。
こちらを出発するまでにそろえておきたい資料や準備すること、治療を継続するための医院の探し方について教えてください。
現在モントリオール(カナダ)で矯正治療中です。
装置をつけて2ヶ月が経ったところですが、3月から仕事の関係で半年間日本に帰ることになりました。
1:こちらを出発するまでにそろえておきたい資料について教えてください。
2:日本での矯正歯科はどのように探したらよいでしょうか?
滞在場所は愛知県です。(電話帳などで自分で探すべきか、それとも紹介していただけるのか?など)
3:その他、外国からの治療のトランスファーについて、アドバイスなどありましたら教えてください。

[岡山県 27歳 女性 その他]

その他 医院選び・転院

私の意見は半年間矯正治療を中断して、再びモントリオールに帰ったとき治療を再開すべきだとおもいます。
1年くらいの滞在の場合転医は良い方法だとおもいます。
理由は以下の点があげられます。

・日本の矯正医院に治療の継続に行って、初診、治療、料金の話し合い、そして治療となるので治療期間は実質5ヶ月くらいになってしまいます。治療は4回〜5回しかできません。

・カナダから日本の矯正医院に転医する形になるので矯正治療費は大幅にかさんでしまう可能性があります。治療自身は継続されますが、費用は通院回数分ではすみません。

・基本的には治療計画を立案した先生に最後まで継続的に診てもらうのが望ましいです。

転医する場合そろえていただくとありがたい資料は
・ 側貌頭部X線規格写真(セファロ側貌)およびその分析データ
・ 初診時口腔内写真
・ 初診時口腔内模型
・ 治療内容の記入のあるカルテ
・ 治療計画の記入のある書類
・ (転医依頼状)
などです。

矯正医院はモントリオールの先生の紹介は難しいとおもいますので矯正歯科ネットを参考にされてはいかがでしょうか?
もしくは認定医名簿から検索されましても良いかとおもいます。
外国からの転医の場のその他の注意点として、新しくお願いする先生と今までの先生の治療と使用するテクニックが異なる場合がございます。
その場合、新しくお願いする先生に全面的にお任せしていただかないと非常に治療が困難になることがあります。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です