成人矯正 治療の開始時期(和歌山県 27歳 女性 OLのQ &A)

カテゴリ:成人矯正 治療の開始時期

先日歯医者を受診した際に、受け口のため矯正を勧められました。外見がこれから変化するようであれば、矯正も考えなければと思っています。
先日歯医者を受診した際に、受け口のため矯正を勧められました。
私はあまり受け口であることに不便を感じたことがなかったですし、費用もかかることなのでその時はお断りしたのですが、気になることがありましてご質問させていただきます。矯正せずにこのままほおっていたら、だんだん下あごがでてくるものなのでしょうか?年齢上骨格の成長は止まっているのでは?と自己判断していたのですが。
外見がこれから変化するようであれば、矯正も考えなければと思っています。
よろしければお答えお願いいたします。

[和歌山県 27歳 女性 OL]

成人矯正 治療の開始時期

ご質問から受け口とのことですが、骨格の成長は終了していますので、これから下アゴが今より大きくなることはないと思います。外見が変化するとしたら、機能が正しく行われているかということが影響します。つまり、歯の位置不正によって下あごが左右ずれた位置で噛んでいるとお顔が左右でずれてくることがあります。ものを飲み込むとき、いつも舌で歯を押していると歯並びが変化することがあります。いつも片側でばかり噛んでいると筋肉のつき方が左右で変わっていきます。
私達は噛むこと(咀嚼)、飲み込むこと(嚥下)、発音することがお口の大切な役割と考えています。矯正治療は見た目だけを治すのではなく、この機能がスムーズに行えるような下アゴの位置をみつけ、その位置でかみあわせを再構築しています。
今現在の機能で何か不都合があるかどうか、矯正治療によって歯並び及び機能の回復を獲得できるのかなどをよくお聞きになって、ご自身で納得されたら治療を行うことをお勧めします。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です