外科矯正 費用と保険について(愛知県 30歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:外科矯正 費用と保険について

かなりの受け口で、2年ほど前に歯医者さんにあごの手術を勧められました。保険がきくと言われたのですが、保険がきいたとしてどれくらいかかるものなんでしょうか?また、保険がきくということは高額医療の対象になって、オーバーした分を請求できるのでしょうか?
私はかなりの受け口です。二年ほど前に歯医者さんにあごの手術を勧められました。あなたの場合は保険がきくと言われたのですが、保険がきいたとしてどれくらいかかるものなんでしょうか?また、保険がきくということは、高額医療の対象になって、オーバーした分を請求できるのでしょうか?教えてください。金銭的なこともですが、また手術の入院期間や処置日数を教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

[愛知県 30歳 女性 主婦]

外科矯正 費用と保険について

外科的矯正治療と診断された場合、健康保険適用となります。
すなわち、矯正治療は健康保険で100%治療うけられます。
ですから高額医療の対象とはことなります。

ここでは具体的な例です。

初診料金+検査料金 20000円程度
装置装着  50000円程度
毎月処置代 8000円程度
保定装置 30000円程度

ですからトータルで25万円程度は患者様の自己負担分となります。一般的な表側の矯正治療費用80万円のX30%と考えてください。 また、裏側矯正、見えない矯正等は健康保険対象外の装置となります。
その場合は自由診療となります。

外科手術費用です。
入院期間、手術方法にもよりけりですが、おおよそ25万円程度とみてください。しかし、病院の場合差額ベット料金というものが発生しますので 最低金額を25万と設定してください。プラス差額ベット代×入院日数です。

入院期間について
入院期間は手術の種類、外科医師の技量によって大きくことなります。 したがって、手術施設、外科医師の選択は矯正医師の選択よりも重要となってきます。 一般的な下あご(下顎)を小さくする手術の入院期間を例にとりますと 最低入院期間は1週間〜最高4週間と施設によってまちまちです。
日本全国の平均的な回答です
下あごのみもしくは上あごのみ手術場合10〜14日間入院
上下あご手術の場合2〜3週間といったところでしょう。
手術の際の出血量はそう多くは出ないのですが、万が一のため自己血(自分の血液をあらかじめ採集しておきます)を200から400ccとっておきます。(献血の量です)
他に、顔の腫れは1ヶ月程度はありますので、退院後はマスクは必須です。

また、口唇や顎のエラの部分の麻痺はある程度のこります。これは約6ヶ月つづきます。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です