成人矯正 その他(滋賀県 21歳 男性 学生のQ &A)

カテゴリ:成人矯正 その他

上の犬歯の片側は、乳歯が抜けましたが、生えてくるはずの歯が埋伏状態です。反対側は、乳歯が抜けず、本来の場所とは違うところから犬歯が生えてきました。下の乳歯がだんだん伸びてきています。矯正をするべきでしょうか?
上の犬歯の片側は、乳歯が抜けましたが、生えてくるはずの歯が埋伏状態です。一方、もう片側は、乳歯が抜けず本来の場所とは違う4番目と5番目の間から犬歯が生えてきました。そのためか下の乳歯が、上に伸びています。矯正をするべきでしょうか?また、治るのでしょうか?

[滋賀県 21歳 男性 学生]

成人矯正 その他

上の犬歯が、片側はまだ生えてこない(埋伏)状態で、反対側は本来の場所とは違うところから生えてきた(位置異常)とのこと。
もともと犬歯は、歯の根が長く永久歯の中でも寿命が長い歯であり、お食事をする時の顎の運動においても、とても重要な役割を持っている歯です。
その犬歯が、骨の中に存在する(レントゲンで確認してみませんと断定できませんが)のに生えていなかったり、位置が悪く本来の機能を果たしていないのは、見た目の点だけでなく問題であると思われます。
治療可能かどうかは、ご相談内容からだけでは判断できにくいところもありますが、まずはお近くの矯正歯科医院にご相談に行かれることをお勧めいたします。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です