抜歯と裏側矯正による開咬の治療症例

矯正用インプラントアンカーを使用して前歯を引っ込めた症例

患者様:27歳 女性

症状:開咬

治療期間:2年1ヵ月

治療前

上顎の歯
左から見た歯 正面から見た歯 右から見た歯
下顎の歯

※治療結果は患者様によって個人差があります。

前歯で食べ物が噛めないこと、歯が出ていることを主訴に来院されました。上下裏側(舌側)矯正治療を希望。上下顎小臼歯の抜歯症例になります。

治療中

上顎の歯
左から見た歯 正面から見た歯 右から見た歯
下顎の歯

※治療結果は患者様によって個人差があります。

前歯を引っ込めている治療中。上顎には矯正用インプラントアンカーを二本使用しています。

治療後

上顎の歯
左から見た歯 正面から見た歯 右から見た歯
下顎の歯

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療終了後3年が経過しましたが、リテーナーは夜間のみの使用で、後戻りもほとんど起きていません。
院長 : 名取 晶子
資料提供
赤羽矯正歯科
院長 : 名取 晶子