上顎歯列の拡大による正中線のずれの治療症例

正中線のずれと八重歯・反対咬合の症例

患者様:17歳 女性

主訴:上の歯の真ん中のライン(正中線)がズレている

治療期間:2年

この患者様は、右上の乳犬歯が虫歯で早期に脱落し、犬歯(永久歯)より先行して萌出していた前歯(永久歯)が、犬歯の萌出スペースに移動してしまい、上顎の正中線がずれてしまいました。その結果、犬歯の萌出に十分なスペースが無くなってしまい、八重歯になったと考えられます。また、左側臼歯部に反対咬合が見られました。これを改善するには、上顎歯列の拡大が必要でした。歯列を拡大すると、歯列弓径の延長に伴いスペースが得られます。本症例では、それを利用して上顎の正中線のズレと右上の八重歯を非抜歯で改善することができました。

治療前

治療前
上顎の正中線が明らかにずれていました。
八重歯が唇にひっかかると気にされていました。
 width=

治療中

治療中
 width=

治療後

治療後
上下の正中線が一致し、八重歯も改善しました。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

歯とお顔の正中線のズレは、歯や顎骨に問題がなくても鼻が曲がっている場合にも見られます。上の前歯の正中線が、お顔の正中線と2mm以上ずれている場合、歯科医師だけではなく一般の方でもそれに気付くこともあります。しかし、上顎の正中線がずれていることを本人が気にしなければ問題のないことです。

また、本症例は、条件が整っていたので抜歯をせずに正中線を改善することができましたが、ときに抜歯が必要となる場合もあります。

何が原因で正中線がずれているのか、また、正中線だけを整えるのか、それとも噛み合わせも合わせて整えるのかなどによっても治療方針が変わります。やはり「適切な診査・診断」に基づいた「無理のない治療方針」が重要になります。