子どもの咬合誘導治療とは

1.咬合誘導治療と矯正治療との違い

矯正治療は、大まかに言うと、『小児矯正』と『成人矯正』の2つに分かれています。
『小児矯正』は、乳歯列期と混合歯列期(永久歯への生え替わり時期)に行う咬合誘導治療であり、『成人矯正』は、永久歯歯列に生え変わった後に行う治療の事を言います。

小児矯正は、成長期における、歯並び・かみ合わせ・顎骨の成長を正常な状態に誘導する「咬合誘導」と呼ばれる治療です。体(顎や骨格、筋肉)が成長する力を利用して、骨格のずれの改善や、歯がきちんと並ぶスペースを確保するための顎の正常な成長促進を行います。そのため、骨格の成長・変化が期待できない成人の矯正と違い、上下の顎の骨の位置関係も正しく改善することができます。成長期にある子ども、つまり乳歯から永久歯に生え替わるような時期というのは、矯正治療を始めるのに最適な時期と言えます。また、顎や歯列の発育を正常に導きますので、その後、成人矯正が必要になったときに、抜歯などを回避する可能性を高め、治療が簡単に終わる上、虫歯や歯周病のリスクを減らすことも期待できます。お子さまのお口の中の状況や、顎・身体の成長をしっかり見極め、適切な時期に適切な咬合誘導治療を受けるのが望ましいです。

戦後の食糧事情の欧米化などで硬い物を噛む機会が減っていることから、顎の骨が十分に発達せず、顎が小さいまま、大きな永久歯が生えてきてしまい、歯並びがガタガタになってしまうお子さまが増えています。そのまま放っておくと、歯並びやかみ合わせの乱れが原因で、発音はもとより、身体全体の骨格・筋肉・内臓に悪影響を及ぼし、姿勢の悪さや頭痛・肩こり、消化不良や不定愁訴といった身体のトラブルに発展することも考えられます。最近ではアナウンサーやスポーツ選手も矯正治療を受けている方は多いようです。正しいかみ合わせを獲得して、お口の機能を最大限に成長させることが大切なのです。大人になってから成人矯正受ける方からは、健康な歯を抜く事になったり、顎の歪みが治りきらず、「もっと早く矯正しておけばよかった」という声も聞かれます。歯並びの悪さや顎の歪みがお子さまのコンプレックスとなる前に、小児矯正をご両親からのプレゼントとしてみてはいがかでしょうか。

2. 咬合誘導治療の治療時期、治療期間、対象年齢など

治療時期は個人差がありますが、小児矯正(咬合誘導治療)は成長期にある子ども、つまり乳歯から永久歯に生え替わるような時期ですので、およそ6歳〜12歳くらいが矯正治療を始めるのに最適な時期と言えます。また、まだ乳歯列であっても受け口や出っ歯、交叉咬合など、顎の骨の成長に悪影響を及ぼす場合は、3歳くらいから開始する場合もあります。

成人矯正はおよそ10歳〜成人が対象年齢となり、年齢に上限はありません。ただ、矯正力に対する組織の反応が遅いため歯の移動には時間がかかりやすいことや、極度の受け口など顎の骨の位置を改善しなければならない症状の場合に、外科的矯正治療が必要になることがある、などいくつか注意点はあります。治療期間は歯並びの悪さの程度によるため、小児矯正は半年〜1年半位、成人矯正は半年〜3年以上とおおよそですが幅があります。

3. 咬合誘導治療のメリット、留意点

成人してからでも矯正治療で不正咬合を改善できますが、永久歯の生え替わり前後に小児矯正(咬合誘導治療)を行えば、より多くのメリットが生まれます。

・上顎、下顎の骨が成長する力を、促進もしくは抑制する治療できる
・顎に歯が並ぶスペースを確保できる
・将来、成人矯正が必要になった場合も、治療内容が簡単になる
・将来、成人矯正が必要になった場合も、抜歯を回避できることがある
・顎関節や歯を守りながら治療ができる

留意点として、小児矯正(咬合誘導治療)は万能ではありません。ですので、どうしても成人矯正が必要になる場合があります。ですが、小児矯正を事前に受けた事により成人矯正の治療内容が部分的・もしくは簡単になり、身体への負担も少なくなります。また、受け口の治療などではやはり遺伝の影響など、限界があるため、将来的に顎変形症といった保険適応での外科的矯正治療をする場合もありますが、小児矯正の効果により治療内容が簡単になることに間違いはありません。

4. 小児矯正(咬合誘導治療)が適応できない症例

口呼吸が原因の不正咬合の治療では、重度のアレルギー性鼻炎などが原因であれば、まず耳鼻咽喉科などでの治療が必要になります。