金属アレルギーでも矯正治療は受けられますか?

金属アレルギーの方が矯正治療をする場合

アレルギーとは特定の物質に対して過剰に免疫反応を起こすことで、環境要因との関連が強いといわれています。金属アレルギーも原因となる金属が体内に取り込まれたことにより成立するもので、ピアスなどの金属アクセサリーや口腔内の金属歯などが原因としてあげられます。意外なものとして、カカオや大豆などの食物が原因となるともあります。

金属アレルギーが矯正治療前から分かっている場合には、金属を使用しないセラミック等の装置やマウスピースを選択することも出来ますので、後から余計な費用が発生することも少ないでしょうし、「治療をしない」という選択も考えられます。

治療途中でアレルギーが分かった場合は対応が難しく、金属を含まない装置になるべく替えるなどして治療の継続を試みます。金属アレルギーといっても、歯肉がすこし腫れる程度で済む方もいれば、外側の頬の部分にまで発赤が生じる方もいます。程度が軽ければ矯正治療を継続できるでしょうが、重度であれば中断せざるを得ない場合もあります。また、金属歯や矯正装置から溶け出す金属を減らすために、酸性食品の摂取をコントロールすることも効果がある場合があります。

金属アレルギー反応を起こしやすい矯正装置の材質とは

矯正歯科で用いられる金属材料には、ブラケット、ワイヤー、バンドなどがありますが、金属アレルギーの原因となりやすいニッケルやクロムを含んでいることが多いので注意が必要です。
一方、金やプラチナなどはアレルギー反応が出にくいといわれていますが、一部の方に重篤なアレルギー反応を引き起こすこともあります。
また、ある金属でアレルギー反応が出ると、他の金属でもアレルギー反応を引き起こしやすいという交差反応がありますので、チタン製の矯正用アンカースクリューを使用する場合も、ニッケルやクロムなどでアレルギー反応が出ている方は慎重に行う必要があります。

金属アレルギー反応が起こしにくい矯正装置の材質とは

前歯につきましては、金属を全く使わないセラミック装置も一般的になっていますし、チタンの装置を選択することも出来ます。
ただし、チタンについては極まれにアレルギー反応を引き起こす場合もあります。
一方、奥歯用のセラミック装置は一般的な形状のものは未だ販売されていないと思いますので、前歯用のものを工夫して流用するか、チタンの装置を使用することになると思います。ワイヤーについてはプラスチック製のものも出てきていますが、全ての治療に対応することが難しいため、チタンのワイヤーを使用したり、表面にコーティングを行い金属の溶出を少なくして使用することが一般的です。同様に、金属の装置にもコーティングを行うことがあります。
また、マウスピース矯正も金属アレルギー対策としては有効ですが、マウスピース矯正は歯の移動に限界があるため抜歯治療などには向いていない場合があります。

金属アレルギー検査を受けるには

金属アレルギーが心配な方は、まず皮膚科で金属パッチテストを受けて、自分がどの金属にアレルギーを持っているのか確かめることが大切です。ただし、矯正装置に含まれている微量金属の成分まではメーカーが明らかにしていないこともあり、テスト結果に問題がなくても、実際に装置をつけた時にアレルギーが出ないと確定できるわけではありません。

金属アレルギーの既往がある場合は、ブラケットなど今後の治療で使用予定の矯正装置を、一定期間お口の中に装着してテストを行う方法もあります。金属アレルギーの発症にはさまざまな要因がありますので、この方法でも数年間かかる治療が終わるまで発症しないと断言できるわけではありませんが、パッチテスト結果に比べてより正しい診断ができるでしょう。特に抜歯治療の場合は、歯を抜いてしまうと後戻りが出来ませんので、事前のチェックが重要になります。