矯正治療中にブラケットが外れる原因

ブラケットが外れる(脱離)原因は?

現在の矯正歯科治療ではブラケットを歯の表面に歯科用接着剤で直接接着しています。そして矯正治療後に外すわけです。つまり矯正歯科で使用する接着剤は初めから外すことを前提として作られているのです。そのため強すぎず弱すぎない絶妙な接着力になるように作られているのですが、接着する歯の条件は各々違うので外したくない時に外れてしまうことがあるのです。では以下に考えられる原因と対処法を個々に説明します。

1. 金属やセラミックで治療している歯

矯正歯科用接着剤はエナメル質に接着することを前提につくられているため、銀歯などの金属やセラミックとの相性が悪くブラケットが外れる原因になります。相性の悪さをカバーするために金属やセラミックに特殊な処理をするのですが、それでも外れることがあります。何度も外れるようでしたら昔ながらのバンドを使用したり、一時的にレジンでの仮歯に置き換えて対処します。

2. フッ素塗布

天然歯(治療していない歯)でも一度に何個もブラケットが外れることがあります。この場合に一番疑われるのがフッ素塗布です。ブラケットを歯に接着する際に歯の表面のエナメル質を脱灰させるエッチングという前処置をするのですが、フッ素塗布をした歯はエナメル質の表面が強化されてエッチングが不十分になります。エッチングの時間を通常より長めに行うことで対処可能です。

3. 防湿不足

そもそも接着剤というのは水分に弱いものです。ブラケットを装着する際は装着面に唾液が付かないよう防湿する必要がありますが、唾液の量が多い方(特にお子様)は防湿が非常に困難な場合がありブラケット脱離の原因になります。対処法としてはインダイレクトボンディング法などもあります。

4. 噛み合わせが深く下顎のブラケットが上の歯にあたる

治療開始時は歯並びが悪いため理想的な位置にブラケットを装着すると下顎のブラケットが上顎の歯にあたることがありブラケット脱離の原因になります。対処法としてはブラケットを後々つけかえることを前提にあたらない位置に装着する。それでも当たる場合はブラケットを削る。奥歯の場合はバンドを使用することが多いでしょう。最終手段として奥歯にセメントを盛って噛めなくする方法もあり、裏側矯正の場合はこの方法が必要な場合があります。

5. 固いものをブラケットの上で噛んでしまった

矯正治療を開始した頃はまだ矯正装置に慣れていないため豆などの固い食べ物をブラケットの上で噛んでしまうことがよくあります。対処法として気を付けて食べるか慣れるまで固いものを控えるという方法もありますが、ある程度仕方ないと諦めることも肝心です。そのうち慣れてくれば自然と上手に食べれるようになれます。

ブラケットが外れた時の対処法

前歯のブラケットが外れた場合はワックス(初めてブラケットを装着した時に渡されます)でブラケットとワイヤーを固定します。奥歯の場合も同様ですが、一番奥の歯のブラケットが外れた場合にワイヤーがお口の粘膜に刺さる場合はニッパーで切断することも可能です。切断するときにワイヤーが飛ばないように切断するほうのワイヤーをしっかり指でつまんで下さい。どちらにせよ治療の段階や外れた場所によってなるべく早く来院した方が良い場合と次回来院時までそのままでよい場合がありますので矯正歯科に連絡して指示に従って下さい。

最後に

患者さんはブラケットが外れることによって治療に大きな支障がでるのでは?とか担当医に怒られるのではないか?とか過度に心配されるのですが、ブラケット脱離は矯正専門医にとっては想定内のトラブルです。毎回何個も外れるとかでない限り治療にも大きな支障がでることはまずありませんのであまり気にしないようにしましょう。

執筆者
すずき矯正歯科
副院長 : 鈴木 智貴
医院紹介ページ >>