後戻りしてしまった叢生(歯のでこぼこ)の治療症例

上下前歯のでこぼこと非抜歯矯正治療の症例

主訴:子どもの頃に矯正治療したが、後戻りしてしまった上下前歯のでこぼこを綺麗にしたい。

治療期間:1年2ヵ月

過去の矯正治療時に、上下左右1本ずつ抜歯しているため、非抜歯矯正治療を選択。上下顎の叢生(でこぼこ)は、ワイヤー装置による歯列の拡大とIPR(歯と歯の間を削り、すき間をつくる処置)にて解消しました。

治療前

上顎の歯
左から見た歯正面から見た歯右から見た歯
下顎の歯

※治療結果は患者様によって個人差があります。

問題点として上下顎叢生(でこぼこ)、上下顎第1小臼歯既抜(過去の矯正治療のために抜歯済み)、過蓋咬合(噛み合わせが深い状態)、上下正中線のズレがあります。

治療中

上顎の歯
左から見た歯正面から見た歯右から見た歯
下顎の歯

※治療結果は患者様によって個人差があります。

矯正装置を装着し、6ヵ月後。上下の叢生(でこぼこ)が改善されてきました。

治療後

上顎の歯
左から見た歯正面から見た歯右から見た歯
下顎の歯

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療期間14ヵ月で治療が完了しました。
院長: 岩田 直晃
資料提供
アールエフ矯正歯科
院長: 岩田 直晃