成人矯正の治療方法ごとの症例(マウスピース矯正・部分矯正)

【症例1】20代女性 - マウスピース矯正で治療した場合

患者様:20代、女性
主訴:出っ歯を改善したい
治療期間:12ヵ月
治療方法:マウスピース矯正
抜歯の有無:抜歯なし
治療のポイント
今回の患者様の症例では、複雑な矯正装置を用いずに、マウスピースの交換のみで治療を終えることができました。
治療前 【症例1】治療前 【症例1】治療前 【症例1】治療前
治療中 【症例1】治療中 【症例1】治療中 【症例1】治療中
治療後 【症例1】治療後 【症例1】治療後 【症例1】治療後

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

【症例2】30代女性 - 部分矯正とセラミック治療を併用した場合

患者様:30代、女性
主訴:歯並びを整えたい
治療期間:約7ヵ月
治療方法:下の歯のみ部分矯正、上の歯はセラミック治療
抜歯の有無:下の前歯1本を抜歯
治療のポイント
今回の患者様の症例では、下の歯を部分的に矯正することで、通常の全顎矯正より費用を抑えて矯正治療を行うことができました。
上の歯はセラミック治療で歯並びを整えています。
治療前 【症例2】治療前 【症例2】治療前 【症例2】治療前
治療中 【症例2】治療中 【症例2】治療中 【症例2】治療中
治療後 【症例2】治療後 【症例2】治療後 【症例2】治療後

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

【症例3】ワイヤーを使用した部分矯正

患者様:20代、女性
主訴:歯並びを整えたい
治療期間:約6ヵ月
治療方法:上の歯のみ部分矯正
抜歯の有無:抜歯なし
全顎矯正と部分矯正の違い
全顎矯正は歯を全体的に矯正し、部分矯正は気になる歯並びを部分的に矯正する治療法です。
部分矯正であれば、治療範囲を限定することで通常の全顎矯正よりも治療費用を抑えることが可能になります。また、治療期間の短縮にも繋がります。
部分矯正に適している症例
患者様のお口の状態によっては、部分矯正に適さない症例もあります。
当医院の場合、治療に適している症例は、前歯のみの歯列不正です。
治療のポイント
目立ちにくい装置を用いて、通常の部分矯正より短期間で治療を終えています。
矯正装置の一部にゴムを用いることで、痛みを抑えて矯正治療を行うことが可能になりました。
治療前 【症例3】治療前 【症例3】治療前
治療中 【症例3】治療中 【症例3】治療中
治療後 【症例3】治療後 【症例3】治療後

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生