大臼歯遠心移動装置を使用して行う矯正治療の症例

大臼歯遠心移動装置を用いて、歯並びを治療した症例について解説します。

【症例1】30代女性 - 上顎の歯を移動する装置(透明の上顎用の大臼歯遠心移動装置)を使用した場合

透明なタイプの大臼歯遠心移動装置が登場したことで、目立たない矯正装置をご希望される人にとって治療の選択肢が増えました。

症例1の患者様の場合、前歯部の叢生(そうせい・歯のでこぼこ)がほどけて、犬歯から臼歯が後ろに下がり矢印部分に隙間ができています。
この隙間を利用して前歯のでこぼこをきれいに並べます。

主訴
・上顎前突
・下顎前歯のでこぼこ
治療期間: 治療中
抜歯の有無:なし
症例写真ごとの治療の経過
治療前:上顎前歯の捻転(歯のねじれ)があります。
治療中:下顎の大臼歯遠心移動装置の透明タイプを上顎にセットし、上顎の歯列を引っ込めています。
治療前 【症例1】30代女性・治療前 【症例1】30代女性・治療前 【症例1】30代女性・治療前
治療中1 【症例1】30代女性・治療中1 【症例1】30代女性・治療中1 【症例1】30代女性・治療中1
治療中2 【症例1】30代女性・治療中2 【症例1】30代女性・治療中2 【症例1】30代女性・治療中2

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

【症例2】30代男性 - 大臼歯遠心移動装置で犬歯から臼歯を後方へ移動させながら、上顎前歯にブラケットを付けて正中離開(隙っ歯)を閉鎖した場合

主訴:上顎前歯の隙間が気になる
治療期間: 治療中
抜歯の有無:なし
症例写真ごとの治療の経過
治療前:上顎前歯に正中離開があります。
また上顎前突の傾向があるので、上顎の歯列全体を下げながら正中離開を改善する治療計画を立てました。
治療中:透明タイプの大臼歯遠心移動装置を使用しながら、上顎前歯2本にブラケットをつけています。
治療前 【症例2】20代男性・治療前 【症例2】20代男性・治療前 【症例2】20代男性・治療前
治療中 【症例2】20代男性・治療中 【症例2】20代男性・治療中 【症例2】20代男性・治療中

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

【症例3】20代女性 - 歯を後方移動させてからマウスピース矯正に移行した場合

歯の移動をより確実にするために、矯正用インプラントも使用しています。

主訴
・前歯の突出が気になる
・歯並びのでこぼこも改善したい
治療期間:治療中
抜歯の有無:左下顎の親知らずを抜歯
症例写真ごとの治療の経過
治療前:左側は大臼歯遠心移動装置からマウスピースに顎間ゴムをかけます。
右側は歯の動きをより確実にするため、大臼歯遠心移動装置から矯正用インプラントに顎間ゴムをかけることにしました。
治療中1:大臼歯遠心移動装置を効果的に使う事で、前歯部全体的に歯間に隙間が広がってきました。
治療中2:前歯部全体に隙間が広がってきました。
治療前 【症例2】20代男性・治療前 【症例2】20代男性・治療前 【症例2】20代男性・治療前
治療中1 【症例2】20代男性・治療中1 【症例2】20代男性・治療中1 【症例2】20代男性・治療中1
治療中2 【症例2】20代男性・治療中2 【症例2】20代男性・治療中2 【症例2】20代男性・治療中2

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

執筆者
青山外苑矯正歯科
院長 : 横谷 浩爾
医院紹介ページ >>

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生