骨格的な見た目や噛み合わせが気になる方へ

骨格的な見た目や噛み合わせが気になる方へ

外科的矯正治療法「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療)とは

(1)歯並びと骨格にアプローチした治療

「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療)は外科的矯正治療のひとつで、顎変形症の治療として行うことがあります。歯並びだけでなく、骨格的に不調和がある場合、根本的に矯正していくことができます。通常の歯列矯正では骨格的な部分は変化させることができません。歯の移動のみでは限度がある場合、サージェリー・ファーストの治療であれば、骨格的な見た目や噛み合わせを大幅に変化させることができます。

基本的な考えとして、治療のはじめの段階で外科手術を行います。
重度の反対咬合(受け口)では、下顎の骨を切り取り、後方へずらして結合させます。その後に、歯並びや噛み合わせをワイヤーやマウスピースなどの装置を用いて矯正します。

骨格の改善は治療の早期に行います。そのため、歯に負担のない矯正が期待できるようになります。

骨格的な見た目や噛み合わせが気になる方は、「サージェリー・ファースト」法が適応になることがあります。

(2)骨格的な問題がある場合でも治療が可能になります

骨格的な不正咬合の場合、歯並びだけの矯正治療では完全に噛み合わせや見た目を改善できないことがあります。しかし、「サージェリー・ファースト」法では、骨格的な部分を、手術で改善するため、矯正治療を諦めなければならなかった方にとっても、治療の希望が残る方法です。

「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療)のメリットは?

(1)治療期間の短縮が可能

顎変形症による重度の反対咬合や出っ歯、不正咬合であっても、「サージェリー・ファースト」法では従来の矯正治療に比べて治療期間は短くなります。症例によっては平均で約1年で治療の完了が見込めます。
これは、手術を先行して行うことにより、顎の骨の血液の循環が良くなり、手術後の歯の移動がスムーズに行われることによります。

(2)横顔のラインも整えることができる

顎の骨にアプローチする「サージェリー・ファースト」法では、横顔のEラインやフェイスラインなどをご要望に近づけることもできます。見た目のコンプレックスを抱えている方にもおすすめできます。横顔や口元の見た目に強いコンプレックスがある場合、サージェリー・ファーストを検討してみるのもいいでしょう。

(3)咀嚼もしっかりできるように

顎に問題があると、咀嚼(噛み合わせ)に問題を抱えるケースが少なくありません。「サージェリー・ファースト」法では顎の骨の不調和を解決できるため、咀嚼がスムーズにできるようになり、噛み合わせが原因で発生していた身体の不調なども解消できる可能性があります。

(4)従来の外科的矯正よりも負担が少ない

従来の外科的矯正では、手術後の顎の位置を想定して、手術前に歯並びの矯正治療が必要でした。これには約1〜2年以上期間がかかることもあり、手術後のことを考慮しているため一時的に噛み合わせの悪い状態になることが避けられませんでした。手術前の1〜2年間、噛み合わせが悪い状態でいなければいけません。これは見た目も改善せず、身体にとっても負担が大きかったと言えるでしょう。
「サージェリー・ファースト」法では、治療のはじめに手術を行い骨格的に改善し、その後に歯並びを矯正治療で改善するため、だんだんと良い噛み合わせへ向かいます。健康面を考慮したい方にとっても「サージェリー・ファースト」法は負担が少ない方法です。

「従来法」と「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療)の比較

従来の外科的矯正

従来法

利点

  • 手術直後の咬合が安定
  • 手術後早期に咀嚼機能が向上
  • 術後にスプリント(マウスピース型の固定装置)が不要

欠点

  • 治療期間が長い(2〜3年)
  • 手術時期が最初に決められない
  • 術前矯正中に容貌と咬合が悪化する
  • 低QOL期間が長い
「サージェリー・ファースト」法

「サージェリー・ファースト」法

利点

  • 術前矯正を軽減できる
  • 治療期間の短縮が可能(1年〜1年半)
  • 手術時期を自分で決められる
  • 最初に顔のバランスが整う
  • 矯正治療中に容貌と咬合が悪化しない
  • 低QOL期間が短い

欠点

  • 手術直後の咬合が不安定
  • 手術後の咀嚼機能回復がやや遅れる
  • 手術後1〜2ヵ月間スプリントが必要

「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療) 治療の流れ一例

(1)精密検査
現在の状態を把握するために精密検査を行います。特にサージェリー・ファーストは外科手術が必要となるもの。レントゲンや歯科用CTで検査することが必須です。
(2)治療計画
レントゲン写真や歯科用CTなどの検査データを見ながら、治療ができるかどうかを含めて治療の方針を決めていきます。治療計画は、矯正治療を開始する前に重要なポイントです。
また、治療計画は、先生ごとに作成方法が異なります。「サージェリー・ファースト」法の診断は、通常の矯正治療とは異なる技術と経験が必要とされます。
治療が可能な場合は、精密検査の結果を受けてさらに具体的な治療計画を、矯正歯科医、口腔外科医、麻酔科医、看護士などがチームを組んで作成します。
(3)外科手術
手術準備期間には装置は装着しません。
準備期間が終わったら、サージェリー・ファーストの外科手術を行います。
この間の入院期間は7〜10日程度です。
(4)歯列矯正
サージェリー・ファーストの手術直後は噛み合わせが不安定になるため、マウスピースなどを用いることがあります。仕上げの歯列矯正では、一般的なワイヤーとブラケットによる矯正、目立たない矯正として知られる裏側矯正、マウスピースによる矯正などの治療法を用いていきます。一般的な歯列矯正と同じように、装置を定期的に調整していき、約1年ほどかけて歯列を整えるのが一般的です。短い場合は、半年ほどで完了することもあります。

「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療)のデメリット

診断・治療のために独特の技術が必要な治療

サージェリー・ファーストは通常の矯正治療とは異なる独特の技術や知識、治療環境を必要とするため、どんな歯科医院でもできる治療法ではありません。

保険適用外

サージェリー・ファーストは公的医療保険適用外の治療です。公的医療保険が利かない分、治療費が高額になる可能性があります。治療費の目安は、矯正治療や外科手術、装置代などを含めると約2,300,000円〜2,800,000円かかる場合もあります。

手術後は噛み合わせが不安定

サージェリー・ファーストは外科手術後に噛み合わせが不安定になります。咀嚼機能が低下するため、毎日の食事を工夫する必要があります。

「サージェリー・ファースト」法(術前矯正を軽減した外科的矯正治療)のまとめ

骨格的な問題がある場合に、無理に歯の移動だけで改善しようとすると、治療期間が長くなったり、歯へ負担がかかったりすることがあります。
外科的矯正は、そのような根本的なお悩みのある方にとって希望となりうる治療方法です。外科的矯正の中でも、「サージェリー・ファースト」法は、治療期間が短縮されやすく、歯への負担が少ない点において、従来法の外科的矯正と比べてもおすすめできる方法です。

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • 見えない矯正歯科医院 大阪オルソ 谷木 俊夫先生