顎変形症の治療費例

顎変形症の治療費例

顎変形症とは

顎変形症とは、上顎骨と下顎骨の3次元的な位置関係のズレが大きい症例で、食べ物をうまく噛むことができなかつたリ、発音に支障を来したリ、顎の関節に音や痛みが出てきたりといろいろな問題が生じてくることがあリ、外科手術による顎骨の移動が必要な症例です。顎変形症の矯正治療の流れは顎を移動する外科手術が加わる事以外、一般的な矯正治療の流れと大きくは異なりません。
顎変形症には健康保険を適用する事が可能ですが、一般的な矯正治療で用いる透明なブラケットは使用できません。

健康保険を適用した場合の治療費 (総額約40万円)

治療期間や装置により料金は異なりますが、矯正治療費として矯正歯科医院窓口でお支払い頂く総額は30万円前後です。この他に外科手術を行う医院(大学病院など)に対して手術費用+入院費として約20万円前後必要となります。

手術費用+入院費は(外科手術を行う医療機関窓口に対し患者様がお支払い頂く金額)、高額療養費の対象となるため1か月の医療費自己負担分が、一般所得者の場合72, 300円、上位所得者(基礎控除後の所得が670万円を超える方)の場合139,800円を超えると超えた分が保険組合より返還されます(但し、患者様御自身による市区町村窓口への申請が必要です)。

したがって、一般所得者が外科矯正を行った場合、手術+入院費は70,240円となるので矯正治療費を合わせた総額は40万円弱になります。


<外科手術を行った場合の費用>

・矯正歯科医院
 矯正治療費 30万円前後

・外科手術を行う医院
 手術費用+入院費 約20万円前後

*1か月の医療費自己負担分が72, 300円を超えるので 超えた分が保険組合より返還されます。 (患者様御自身による市区町村窓口への申請が必要です)。

・手術+入院費+矯正治療費 合わせた総額
 40万円弱


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
横浜駅前歯科・矯正歯科