医療費控除について(控除額の計算)

医療費控除とは、自分自身や家族のために一年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得金額から控除できる制度です。一年間にかかった治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減されます。
医療費控除の申請には、領収書が必要となりますので、医院からもらった領収書を保管しておきましょう。

控除額はどれくらいですか?

控除金額は、所得総額と一年間にかかった医療費の額によって変わります。控除される金額の上限は200万円です。

医療費控除額 (課税対象から控除される金額です)
一年間の
医療費
保険金等の
受給額
10万円又は、
所得額の5%
医療費控除額
(上限200万円)
その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は、総所得額の5%の金額です。
所得税の還付金額 (納付済みの税金の一部が戻ってきます)
医療費控除額 ×

あなたの
税率

還付金額    
所得税率 (平成22年度)…総所得金額に対する税率
  • 195万円以下:5%
  • 〜330万円以下:10%
  • 〜695万円以下:20%

  • 〜900万円以下:23%
  • 〜1800万円以下:33%
  • 1800万円超:40%
住民税の減額金額 (翌年の住民税より差し引かれます)
医療費控除額 × 10%  減額金額    

※詳しくは、最寄の税務署や役所の税金相談課へご相談ください。

→医療費控除についてもっと詳しく知りたい方(国税庁HP)


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生
リボン歯科・矯正歯科