エピソード?〜最近、出っ歯になってきたんです〜

エピソード I エピソード IIエピソード III |エピソード IV |エピソード V |
 最近毎日口紅をぬる時に、前歯がどんどん前に出てきたように感じるんです。昔の写真と比べてみて下さい。こんなに「出っ歯」ではないですよね。できればというより、ぜひ出っ歯を元に戻したいのですが、歯周病もかなり進行していますし、こんな状態でも矯正できますか?やっぱり子供がしているような矯正の装置をつけるのでしょうか?

50歳 女性 Dさん
治療前の状態

病的原因による歯の移動


 もともと問題のなかった歯並びなのにお口の中になんらかの問題を起こし、それが原因で後天的に歯が移動してしまうことを「病的歯牙移動」といいます。そもそもこのような移動を引き起こした原因は、前歯部ではなくて臼歯部にあるようです。

このような患者さんの臼歯部はどの歯も前歯に向かって倒れており、全体的に歯周病によって顎の骨が破壊されてしまっています。骨がなくなることにより、咬む力を支えている臼歯が抜けたり、前歯の方に向かって倒れてきます。
 ヒトの咬む力の一部はつねに臼歯を前歯の方へ倒そうとします。つまり、口の中では川の流れがあり、それは頭の後ろから唇へ向かって流れていると考えてもいいかもしれません。上の図のように臼歯が前の方に倒れ噛み合わせが低くなると、下の前歯は上の前歯を突き上げることになるので、結果的に上の前歯が張り出してしまうのです。また、このとき臼歯が押す力によって下の前歯の歯並びが乱食い状態になったり、上に出てきてしまいます。

Dさんが、 「出っ歯」になったと感じたのは、直接的に下の前歯が上の前歯を突き上げているからです。このようなケースではすこし時間がかかりますが、やはり矯正器具を装着して矯正治療を行うことになります。

歯周病が進行している歯の矯正治療例


しかし、適切な感染コントロールのもとであれば、
顎の骨がやせてしまっている状態でも移動は可能です。
エピソード I エピソード IIエピソード III |エピソード IV |エピソード V |

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
横浜駅前歯科・矯正歯科